« 飯盛山 | トップページ | 北海道に行きました »

2007/11/22

最高金賞受賞玉露

Img_7073
第一回世界緑茶コンテストで
【最高金賞受賞成熟玉露】
を飲んでみました。
会場のオークションでは100グラム4万円で落札した玉露です。

お得意様が【世界緑茶コンテスト】
で最高金賞を受賞しました。
自分の事のように嬉しく思います。
ご祝儀を兼ねて買って飲んでみました。
1キロ40万円の玉露とは驚きですが、100グラム4万円・10グラム4千円・1グラム400円と言って置き換えるとスゴさが理解しやすくなります。
Img_7070
針のように細く仕上げた葉は深い紺色がかった緑色で、手揉み職人の技が発揮されています。
急須に5グラムほど(二人分)茶葉を入れ、水に近いほどのぬるま湯まで冷ました湯を静かに注ぎ45秒。
(この時急須はコネコネ回さず置いたままがとても重要)
静かに手際よく最後の一滴まで玉露用茶碗に廻し注ぎます。
(最後の一滴がとても重要)

玉露の持つ高貴な香りに、独特の甘みとまったりとした深い旨み。
ドロッとした濃厚な舌触りがなんとも言えません。
ウッウ〜〜ン し あ わ せ。。。

二煎めは温度を少しだけ上げ同じように入れて味わいましたがほぼ同じ味。
三煎めはさらに温度を少し上げて1分。
やや渋みが出ましたが味は玉露そのものです。
四煎めから一般的な玉露の入れ方である50度約2分で出してみました。
するとスッキリとした煎茶に近い玉露の味でした。
値段以上の価値が有るタップリ楽しめる
【最高金賞受賞成熟玉露】
でした。

« 飯盛山 | トップページ | 北海道に行きました »

おすすめサイト」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726910

この記事へのトラックバック一覧です: 最高金賞受賞玉露:

« 飯盛山 | トップページ | 北海道に行きました »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ