« 台湾一周駆け足旅行そのⅢ | トップページ | 最高金賞受賞玉露 »

2007/11/20

飯盛山

Img_7247
飯盛山(めしもりやま1,643m)に登る
WV行事です。
先月の木曽駒以来妻の入院で山にも温泉にも行けませんでしたが退院後2週間を過ぎ状態も良くなってきましたので行かせて貰う事にしました。
バスの中を見渡せば今日も昔の若者で満席。今日もゆくゆく仲良し鶴亀号。

Img_7408
さて、【飯盛山】
は日本各地にありますが今日登るのは野辺山駅の南にあるファミリー向けの山です。
韮崎辺りは紅葉真っ盛り。清里周辺は唐松の紅葉が綺麗です。

アララ?千ヶ滝を通過しちゃったよ、丁度見頃の紅葉と力量感ある滝が見られると思ったのに。
Img_7220
飯盛山最短コースと案内坂が出ている平沢から準備体操後出発。
歩き始めて直ぐ気が付いた。この付近では唐松の紅葉は終わり時折吹く風は冬の風、木立のざわめきも寒々しい。整備された広い登山道を軽快に?ン?なんだか今日のペースはヤケに鶴亀ペース。その分女性達のお喋りは何所までも続く。
雑木林の中は既に葉が落ちて明るい。樹木が少なく頭上に青い空がスカッと出たと思ったら尾根に出た。
Img_7241
遥か眼下には唐松の紅葉。さらに目を転じれば富士山も見える。
Img_7238
此処から左にとってやや進めば
Img_7247_2
いつの間にか遮る物もない広い尾根の登山道と成り、飯盛山がその名の通り飯を盛ったような形をし、頂上に何人か立っているのも見える。
Img_7253
右が飯盛山左が平沢山。
Img_7264
再び尾根にぶつかり右に取ると直ぐ頂上。
Img_7274
頂上は指して広くないが360°展望が利く。
富士山の左には
Img_7283
金峰山・瑞牆山が逆光に映える。 そしてウ〜ン残念、八ヶ岳も甲斐の山々も雪雲にすっかり覆い隠されている。頭上は綺麗な青空なのにぃ、、
下から雪が吹き上がってくる。寒〜い。
長居は無用と下山。
Img_7268
登ってきた道とこれから向かう平沢山が正面に見え道は広く邪魔する木立もない。雲がなけば雄壮な八ヶ岳を見ながら歩けるのにチョット残念。紅葉の唐松に囲まれたように清里・美しの森が手に取るように見える。
Img_7305
背中には逆光線に浮かび上がる飯盛山が。
ん?なんか変だぞ?先頭は平沢山の南面を巻く道を何のためらいも無くルンルンと進んで行く。マァイッカ!ピークの一つくらい省略しても!!再び尾根道と合流した所で昼食。
此処からの尾根道は広いのですが水を含んだ腐葉土の道で滑る滑る。木立は伸びていますが葉が落ちて見通しは良い。
Img_7316
パラボラアンテナも見える。
Img_7324
やがて下る先に獅子岩が見え、一挙に下るとそこには広い立派な駐車場が有った。
Img_7334
駐車場横からは獅子の形には見えない。
Img_7361
【国立天文台野辺山宇宙電波観測所】
Img_7370
タップリ余った時間で観測所を見学する。
Img_7388
最も大きい直径45mのパラボラ
Img_7376
この辺りはまだ唐松の紅葉が綺麗だ。
その後
六郷の里つむぎの湯まで走りサッパリと汗を流して帰静。
お疲れ様! え?疲れなかった?
そうでしたね。花も見かけなかったな〜
※不思議に思った事 登り口の案内には1,653m、頂上には1,643m、国土地理院2万5千分の一地図には標高が刷られていない。
参考タイム
平沢9:50→尾根出会い10:39→飯盛山11:18→獅子岩12:46(昼食30分を含む)

« 台湾一周駆け足旅行そのⅢ | トップページ | 最高金賞受賞玉露 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726913

この記事へのトラックバック一覧です: 飯盛山:

« 台湾一周駆け足旅行そのⅢ | トップページ | 最高金賞受賞玉露 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ