« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007/12/28

有難う御座いました。

 本日は年内最後のブログです。
一年間読んで頂き有難う御座いました。
書き込んで頂いたり、メールを頂いて、こんなブログでも読んでくださる人が居る事がとても嬉しく励みになります。
本当に有難う御座いました。
良いお年をお迎え下さい。
Poruto_1
29日からポルトガルに行きます。
(写真はポルトガル国旗)
ヨーロッパで行きたい国は沢山あるのですが冬は寒そうでヤダね!比較的暖かいか、いっそのこと暑い国にしよう。そこで選んだのが第一希望チュニジヤ、第二希望トルコ、第三希望ポルトガルだったのです。
ところが自分の休日と日程が合わなかったり、国の情勢が怪しくキナくさい臭いが漂ってきた等の理由で第三希望に成った訳です。8月仮予約、9月正式予約しました。正月旅行の予約も先回り先回りと段取りしないと自分にピタッとはまらないから面倒だよなぁ!。
いや、特別何所を見たいとか、何をしたいとか、食べたい物があると言う訳でもないいい加減な選択なんですよ。スペインの隣なら暖かそうで平地に雪が積もる事も無さそうだし、日本に鉄砲を伝えた国以外何も知らないこの国ですが日本さえ脱出できれば・・・と、これだけの理由なんです。いつもながら捕らえどころのない漠然として決まった行き先国で、お気楽ですね!と言われちゃう事解っておりますぅハイ。

JTBからもらった資料をパラパラ見ていて
(;゜゜)ワーッ!と驚いた事があります。大の男が一日中スイーツな物をニコニコしながら食べて居る甘党天国なのだそうです。
なんだ!僕の為にある国だよ・・・・
いってきま〜す(^^)/~~~

2007/12/26

腹の立つ出来事

大掃除用品を買いにジャ○○○○○ョーに行きました。支払いはカードで。
と、此処でとんでもない一言が、、、、、、
レジ係「支払いは一回で大丈夫ですか?」
僕「ン?・・・・・・・・・・・・・・」
大丈夫か?だと?失礼な!そんなに俺は貧乏人か! 分割払いでなければ支払いが出来ないほど貧粗に見えたか!
お前に我が家の台所事情まで心配してもらわなくても良い!
この馬鹿者が〜〜〜〜〜〜〜ッ!
と、怒った訳では有りません、、腹の中で思ったのです。

言ったレジ係はそんな事何も考えず当たり前の日本語と思って間違ったコンビニ言葉を使った事はよく解ります。
でも、大丈夫か?ほど見下した言い方はない訳です。
そお思いませんか、みなさん。
名誉毀損で訴えちゃうぞ!!
今年最大の不愉快な思いを年の瀬にぃ、、、、、、
ぶつけ所のない僕はホームページからクレームのメールを打ちました。
それでもスッキリしません。

2007/12/24

イルミネーション

 静岡市内青葉通りで恒例のイルミネーションが始まっています。
綺麗ですね。年を追う事に豪華になります。
Img_8410

Img_8417

Img_8391

Img_8413

Img_8401

Img_8422
余分なエネルギーを使い地球温暖化に棹さすようなところもありますが、心に潤いを与えてくれる余裕も必要ですよね。
手持ち撮影ですので手ぶれしております。

2007/12/20

ダイラボウ 清掃登山

Img_8296
今年最後の登山は【清掃登山】です。
Img_8424
静岡市民に親しまれている 【だいらぼう560.8m】 を綺麗にしようと言う計画で、趣旨に賛同して集まったメンバーは総勢38名です。
冒頭の写真は頂上から見た富士山。
詳しくは続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む "ダイラボウ 清掃登山" »

2007/12/14

大根祭り

Img_8168
今年も行きました。
大根祭り。
続きを読む をクリックして下さい。

続きを読む "大根祭り" »

2007/12/10

ズガニの後は玉露の里へ

Img_8073
ズガニと蜂御飯を食べた後向かうは【玉露の里】
綺麗な紅葉の様子は 続きを読む をクリックして下さい。

続きを読む "ズガニの後は玉露の里へ" »

2007/12/07

今年のズガニは地元近くで!

Img_7996
 【ズガニ】が藤枝の奥で食べられる事が解った。
食に目がない我々同業者仲間と忘年会を兼ねて早速行ってきました。
岡部町玉取の民宿【玉本屋】です。
朝比奈大龍勢の打ち上げ場所より更に奥まった閑静な場所にあります。
他に何にもないド田舎と言った方が良いくらいの所で
よく観察すればズガニも取れそうな雰囲気でもあります。
写真は玉本屋さんの入り口と女将です。
Img_7979
料理は 突きだし お造り 鴨鍋 天然自然薯 の後、
ズガニ が出ました。
河津町の かごや(2006年11月2日のブログで公開)で出すズガニフルコースと違って一匹がドン! と出るだけでした。え?味の評価ですか?まあこんなもんでしょう。。。
Img_7991
続いて出てきたのが蜂御飯。
地蜂と子が丸々入って炊かれています。珍味と言えば珍味ですが、こんな沢山親が入って居るのは初めてでチョット勇気が要りますぅ、、、、
更に目をこらして見れば“子”もけっこう入って居ます。写真にもしっかり写っているのがわかりますか〜
ほとんどの女性はこれ見てゾ〜ッとしてしまうわけですよ。別の言い方をすれば“○ジ”ですからぁ、、、
目をつぶって知らずに食べていたら混ぜ御飯にジャリジャリしたゴミでも入って居るか?と思う食感です。
蜂の子は何所で何時食べても同じチーズのような味でした。
特別評価出来るような事でもなかった忘年会でした。

2007/12/04

干し柿

Img_7077
毎年干し柿用の柿を買っていたのですが、今年は沢山頂きました。
早速皮をむいて繋いで熱い湯に通して干しました。
焼酎の方が良いんでしょうが下戸の我が家には有りません。

まるで“のれん”のようです。
実はもう収穫して美味しく頂いております。

2007/12/02

冬の北海道 Ⅲ

Img_7525
最終日、チェックアウトは11時なのでゆっくり朝寝坊。
スターウッドプリファードゲストに登録した時、新聞は日本経済新聞 と書いたのだろうか?二日間とも配られた。他の部屋は違っていた。オールデーダイニングでゆっくり朝食を取りながら新聞を読む。
ホテル内全てのレストランでは二千円札で支払うと20%引きキャンペーン中だった。事前に知ったので二千円札を予め用意して行った。それとなく観察するのですが知らない人ばかりのようだ。
良い時にぶつかった。ラッキ〜!
22日から白い恋人の販売が再開された。買って帰ろうと思ったのですが売り出されても直ぐ完売になるとの事でとうとう買えなかった。と言う訳で今回はお土産無し。自分用に大好きなバフンウニを買って帰った。

冬の北海道に来た時は何故か暑い
スキーの時使っていたオーバーズボンをリックに詰めて、寒かったら直ぐ履くつもりが全く使う必要がなかった。(雪祭りの時もそうだった)
スパイクシューズは威力を発揮した。しかし飛行機のボデーチェックで妻は何回もピーピー鳴って最後はスパイクだったと判明。(何故か僕は鳴らなかった)
北海道の雪は軽い。しかもカラカラに乾いたアスピリンスノーだ!歩道に積もっている雪の上を歩いてもキュッキュと鳴く。これならスキーで新雪に飛び込んでも楽に回転出来る。次はスキーで来たいな〜。(僕のスキー歴はプロフィールを読んで下さい)
と言う訳で妻の快気祝いを兼ね、飛行機もホテルもタダで行けた北海道冬の旅は終わりました。
Img_7609

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ