« 明けまして御目出度う御座います | トップページ | ポルトガル旅行 2 »

2008/01/08

ポルトガル旅行 1

Img_9561
 日本人には鉄砲とザビエルしか知らない国
【ポルトガル】ってどんな国なんだろう?
前泊して成田第二ターミナルには二時間も前に着いてしまった。早速搭乗手続き。席は通路側を要求。
その後今回の女性添乗員奥田さんと御対面です。歯に衣着せぬテキパキとしたツアコンのようです。
それでは、続きを読む をポチッとクリックして中にお入り下さい。

添乗員がご案内するα みどころいっぱい!
【ポルトガルハイライト8】
の始まりです。
Img_8498
12月30日13時30分JAL407便は定刻にテイクオフ。どうやら周りの席は同じグループで固まっているようです。参加の皆さんは、よほど行く所が無くなっちゃってポルトガルでも行ってみるか!位の感覚で参加しているか、それとも確かな目的を持っての参加と推察出来ます。幸い妻の隣は空席で横になって寝て行けたのは病み上がりの体には助かりました。
Img_8504
フランクフルトではルフトハンザ航空ポルトガル航空コードシェア便に乗り継ぎ、ポルトガル第二の都市ポルトには現地時間23時30分到着。日本との時差は9時間です。何度来てもヨーロッパは遠い。
Img_8509
クリスマスの飾り付けがそのまま残っています。
Img_8522
今回の参加者22人のスーツケースを乗せるドライバー・現地ガイド・ツアコンです。
Img_8524
二日間連泊するホテルは「メリディアンパークアトランティック」
少々小腹も空いていましたので持参の電気ポットでお湯を沸かしインスタントラーメンを食べて就寝。
冒頭の写真は日本では有名人
フランシスコザビエル です
つづく

« 明けまして御目出度う御座います | トップページ | ポルトガル旅行 2 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726855

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル旅行 1:

« 明けまして御目出度う御座います | トップページ | ポルトガル旅行 2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ