« ポルトガル旅行 4 | トップページ | ポルトガル旅行 6 »

2008/01/18

ポルトガル旅行 5

Img_9426
旅も5日目、体内時計が何となく日本時間で動くので体も脳味噌もピリッとしない。
毎度の事ですが物忘れがひどくなって、渡した渡されない、貰った貰わないが激しくなる。
ひどい時はパスポートを何所にしまったか解らなくなる。そんな事も旅の思い出としよう。
今日はナザレを後にアルコバサ・オドビスと観光し首都リスボンに向かいます。
写真は城壁に囲まれた小さな町
【オドビス】です。
それでは続きを読むをポチッとクリックして下さい。

Img_9515
治安が良い方だと言われているポルトガルも最近は可成り悪くなって居るようで昨夜は我々のバスのガラスが割られて金品が盗まれた。幸い私物を置いていなかったのでツアー参加者には被害が無かった。
Img_9377
【サンタマリア修道院】
またまた世界遺産です。
目一杯引いて撮っていますが全景が入りません。
Img_9345
悲恋物語のペドロとイネスの石棺が向かい合わせに離れて有ります。一緒に納めてやればいいのにと思っちゃいますが復活した時最初に互いの姿が見られるようにする為なのだそうです。
ツアー参加者がその棺を見ています。
Img_9353
回廊から見た写真です。
Img_9393
修道院を中心に栄えた町ですが良いアングルが続きます。
Img_9434
城壁に囲まれた小さな町
【オドビス】に到着しました。
女王様の町なんだそうです。
Img_9479
それにふさわしく赤い屋根と白い壁の小さな家がとてもロマンチックですね。
Img_9467
細い道の両脇は土産物屋です。スペインのミハスと錯覚しそうな街並みが続きます。
Img_9452
お皿やレース等も売っています。
Img_9402
こんな雑貨も細い道にマッチします。
Img_9461
さらに、こんな店構えも似合って居ますね。
Img_9550
首都リスボンに来ました。マリオットに連泊します。
お昼は海鮮おじやでした。おいしかった〜!皆さんお変わりを何回もしてしまいました。食べるのに夢中で写真が有りません、、、
その後22人中2人がアズレージョ絵付け体験のオプションに参加、他の皆さんは自由行動。ハードロックカフェを目ざとく見つけて自分用をゲットしました。
Img_9507
なんと明日スタートするパリ・ダカールラリーの参加車両とレース関係者も宿泊していました。
旅行中唯一夕飯が付いていません。遅い昼ご飯でしたのでお腹も空きません。サラダやピザ等のスナック類で済ませました。
つづく

« ポルトガル旅行 4 | トップページ | ポルトガル旅行 6 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726847

この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル旅行 5:

« ポルトガル旅行 4 | トップページ | ポルトガル旅行 6 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ