« 沈没船と公園 | トップページ | おでんフェスタ »

2008/02/08

僕のコダワリは極道?

 昨年暮れも押し迫った頃、静岡新聞に「プロの鉋(かんな)を作る職人が鰹節削り器を作って売り出した」と、囲み記事が載ったんです。日頃からいくら研いでも切れ味に満足出来ない家の鰹節削り器に不満な僕は我が意を得たり「これだ!ッ!」と思った訳ですよ。しかし値段も高いし、そのお金で出来合の削り節パックを買ったらド~~~ンと買えちゃうしなぁ~?なんて一晩考えた訳です。
で、恐る恐る家内に言いましたよ「こんなのが有るんだけど買わないか?」(;^_^A アセアセ…とね。
と、意外や意外「良さそうだね、買ったら!」
なんだ、悩んで損しちゃった。
考えてみれば二人とも削りたての香りの良い鰹節は大好きで、ダシを取る事は勿論おにぎりの具にするのも大好き。究極は醤油まぶして御飯の上にドンと乗せて食べる。これ最高!
断られる差したる理由もなかったのであります。
ウキウキして電話注文。すると「新聞に載った途端注文が沢山入りまして発送は小正月頃になってしまいます」とのこと。実際は遅れに遅れてやっと到着しました。
Img_0406_2
白木の飾り気のない大きめの削り器ですが木の香りがプンプンします。
Img_0430
鉋の部分もこんなに厚くできています。そして見て下さい!刃には銘が打ってありま〜す。試しに柱か廊下を削りたく成っちゃうのをグッとこらえましたよ。

刃の出方は0.1㎜にセットして有ると説明されています。早速削ってみましたが家の鰹節は固すぎるのか大工の削った鉋屑のようには削れません。仕方なくチョットだけ刃を出して削りましたよ!
Img_0462
ジャ~ン どうですかこの見事な削り節!
満足満足。大満足。
オカカのオムスビ作って何処か行かなくっちゃ!
2年以内の刃の研ぎ直し券付(僕は自分で研いじゃいますが)代引き手数料込み16,315円。

« 沈没船と公園 | トップページ | おでんフェスタ »

つぶやき」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726825

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のコダワリは極道?:

« 沈没船と公園 | トップページ | おでんフェスタ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ