« 今年初登山は賤機山 | トップページ | 沈没船と公園 »

2008/02/01

薩捶峠へ

Satta1
 26日、妻も留守で急に思いついて薩捶峠に行きました。
続きを読むをクリックして下さい。

Img_0152
大急ぎで支度して自転車に乗り静岡市内天神屋瀬名川店(24時間営業)に寄ってオムスビを買い草薙駅の駐輪場(2階100円・3階50円)に預ける。勿論3階を使いますよ。
Img_152
草薙駅からタイミング良く来た列車に乗って興津へ。
Img_0162
アレ?ザック背負った人が誰も降りないよ!まだ早いからな〜!と時計を見ると8時10分です。
駅から旧国道に出たら左に曲がりしばらく歩くと
Img_0165
「女体の森」とある怪しげな神社を見つけましたが心動かされる事無く・・・真っ直ぐ東進。
興津川のさらに先、踏切を渡るとやっと舗装道路が終わりそれらしい道になります。
要所要所に蜜柑の無人販売がある。100円です。わざわざ持ってこなくても良かったと悔やむ。
Img_0185
車だと此所から歩けば良いんです。4台置ける駐車場と立派なトイレが有ります。興津駅から34分かかりました。
目の前の墓地のど真ん中を突っ切ってやや急な階段の道を進むと尾根に飛び出ます。と、そこには綺麗な駿河湾が一望出来ます。登ると言う感覚は此所だけですからファミリー向けピクニックにもってこいです。
Img_0189
ルンルンと歩く先に見つけました。なんと桜が咲いてます。河津桜と同種類でしょうか?
Img_0212
更に梅も綺麗に咲いています。
Img_0203
どうやら富士山は見えないか?
Img_0230
薩捶峠の案内の先には
Img_0232
水仙が出迎えてくれました。
Img_0239
展望台まで来ましたが残念!富士山は見えません。見える日には写真を撮る連中が我が物顔で占領していますが誰一人いません。「三脚立てないと撮れない下手くそは撮影ご遠慮下さい」と立て看板出したら気持ち良いだろうな〜!と何時も思います。
Img_0256
すぐ先の駐車場には他県の車が数台駐まっていました。トイレもあります。
此所からは車道を歩くわけですがこれがつまらないですぅ。
Img_0260
琵琶の花がグワッとくっついたように咲いています。
Img_0274
望嶽亭 まで来ると由比の町です。この町の住人は人なつっこく話しかけてきます。一人でブラッと来た時には良い話し相手になります。
Img_0283
明治天皇御休み所など見ながらさらに先に進むと
Img_0289
くらさわや(磯料理・桜エビ料理屋)が有ります。15年ほど前「今から行きたいのですが!」と電話したら断られたのでそれっきりで味の評価は出来ません。
Img_0294
いよいよ由比駅に近づきました。こんな大きな看板が有ります。
町の中心では蜜柑が200円で売られています。
Img_0301
桜エビのオブジェが見えたら
Img_0309
由比駅です。此所から帰るつもりでしたが歩きたりないし、時間を見ればまだ10時20分です。
蒲原まで歩いちゃうかと更にテクテク歩くと
Img_0313
やがておもしろ宿場館が有り急に観光客が増えます。
Img_0324
さらに先には由比本陣公園があります。
この先は急に人が居なくなり、まもなく蒲原市内に入ります。
と、発見しました。此所も静岡市です。平成の大合併で大きくなった静岡市ですが蒲原もそうでした。
しかし、今日メインで歩いた由比町は11月に合併します。つまり蒲原は飛地しているのです。
Img_0327
蒲原駅到着 11時17分。
駅の待合室でインスタント味噌汁とオニギリ食べて再びJRに乗りました。
たまにはこんな気分転換も良いと思ったミニ一人旅でした。

« 今年初登山は賤機山 | トップページ | 沈没船と公園 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726831

この記事へのトラックバック一覧です: 薩捶峠へ:

« 今年初登山は賤機山 | トップページ | 沈没船と公園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ