« 最近読んだ本 | トップページ | 粟ヶ岳 »

2008/04/08

あれやこれやと欲張り花見

Img_1788
家山の桜トンネルは人人人でごった返しています。
疲れた体にむち打って欲張りな花見をしてきました。
続きをお読み下さい。

4日朝から東京に出張し5日朝帰ってきました。
出かける時妻に言っておいたんです「家山の花見か静岡祭りか?どちらか決めておいてね」と。
ところが花見も好きですが祭り囃子が聞こえただけで浮き足立ってしまう大の祭り好きな妻はどちらも捨てがたく悩み抜いていて決まりません。仕方なく両方行く事にしました。

Img_1857
家山川に掛かる橋から撮った写真ですが開放感があり明るくとても気持ちよかったです。
Img_1818
お昼ごはんを食べていると蒸気機関車が通過しました。
Img_1839
大井川右岸から左岸に掛けて鯉のぼりも気持ちよさそうに泳いでいます。
Img_1881
家山川左岸の桜トンネルです。元々の桜トンネルより此方のトンネルのほうが綺麗です。
Img_1901
さて、取って返して静岡まで戻りました。再び市の公共施設にチャッカリと車を駐めて今度は祭りだ~っ!
Img_1914
満開の桜の元で市民も浮かれています。
Img_1934
妻のお目当てはこれです。今年の大御所役です。どこぞの役者らしいですが僕は知りません!
昔の僕のほうが良い男だと思うんですが・・・・
Img_1942
祭りと言えばこっちだと思うのですが妻を満足させるのも骨が折れますぅ。

後書き
川根に向かう途中川根大福で有名な加藤製菓に予約の電話を入れました「今日の分は全部売り切れております」だって。楽しみが半減しちゃいました。
さて、家山は凄い人です。観光バスの団体客、ファミリーからアマチア写真家とさまざまです。黒いスーツの添乗員もヤケに多いです。家山川の桜が生長して見応えがありました。大駐車場が有ります。出口に200円の募金箱が置いてありましたが誰も入れる人は居ません。学生アルバイト雇って頭下げるだけでも入れてくれると思うんですが大きなお世話かな~?
前日は展示場を歩き回るし今日は二ヶ所で歩いて、明日は山登りです。疲れる、、、、

« 最近読んだ本 | トップページ | 粟ヶ岳 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726766

この記事へのトラックバック一覧です: あれやこれやと欲張り花見:

« 最近読んだ本 | トップページ | 粟ヶ岳 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ