« 山はあきらめたぁの巻 | トップページ | トビウオのくさや »

2008/05/12

本山そばの里 へ

高ボッチから再び国道に下りて塩尻へ。
霧訪山の資料を塩尻市役所から取り寄せた時“コダワリの蕎麦屋リスト”が同封されていました。その中の三軒に目星を付けました。
まず一軒目、駐車場について直ぐ目にしたのは“うどん”の文字。うどんもやってるような店じゃダメだ!と直ぐ次の店に。
中山道本山宿の【本山そばの里】です。
Img_2843
旧道に折りしも5月幟が立ち何の変哲もない田舎にポツリ。駐車場はいっぱいでお客さんが並んで待っています。
蕎麦切り発祥の地でそばサミットも行われたとか?地元のオバチャン達が大勢で切り盛りしています。
地元松本から此所の蕎麦を食いたいからと来ていたお客さんと立ち話をしました「美味いですよ〜」と言ってます。
Img_2852
観光客と地元の人で店内はいっぱい。メニューを見ると天ぷらやオムスビも? ウ~ン、、、“セイロ一つで勝負”といきたいな~
Img_2853
お茶受けの漬物
Img_2863
重ねそば¥1,230です。この地方はこのタイプが多いですね。盛り¥820大盛り¥1,025も有ります。
麺つゆは鰹節の臭いがしません。そして味が薄いです。もっと個性が有っても良いと思います。
さて、麺ですがこの地方で取れた蕎麦を100%使っているとの事ですが麺つゆを付けずに食べると臭いに物足りなさがあります。
蕎麦の種類がこんな香りなのかも知れません。細切りです。食べると見た目より柔らかです。
実は食べている時チクチクと刺さるような感じがします。ほんとの蕎麦好きはそれが良いと言うかも知れませんが僕は気になります。碾く時に粗びきなんでしょうね。
話のタネには良いでしょうがわざわざ食べに行きたいとは思いませんでした。
Img_2878
さて、諏訪湖まで戻りました。相変わらず天気が良く八ヶ岳が見えます。
Img_2892
噴水が有る事は知っていましたが始めてきました。レマン湖に比べると規模は小さいです。
Img_2898
今宵の宿【上諏訪荘】です。パイプのけむりより千円高いだけですが掛け流しの温泉で食事も我々向きの和食で良いと思います。
目の前が諏訪湖で間欠泉の斜前です。風呂場から諏訪湖も湖畔に居る人も全~んぶ見えます。とても開放感があります。

明けて5日、登る山が決まっていましたが歩けません。守屋山に座禅草を見に行く予定でした。宿の窓からも守屋山が見えているのに、ウ~ン残念、、、、
午後から雨になるとの事でチェックアウトギリギリまで温泉に浸かって帰る事にしました。
オット、その前に僕の好物を買わなくちゃ!と
Img_2904
新鶴本店で塩羊羹を買い求めました。
相変わらず大勢買いに来ています。
P1000009P1000007

昼ご飯は南アルプス市の かえで
僕は定番のカボチャほうとう、(ほうとうの原点はカボチャほうとうとのコダワリからかたくなにカボチャほうとうを食べる)妻は 山菜ほうとう。
(携帯電話で撮りましたので写真が悪い)
メタボ対策の山行が怪我で歩けず地元産の農産物買い込み旅行となり妻は大満足の様子。僕は食ってばかりのデブや旅行になってしまいました。
霧訪山・守屋山は時季を見て再挑戦だ~
ア~ア、、、、、

« 山はあきらめたぁの巻 | トップページ | トビウオのくさや »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本山そばの里 へ:

« 山はあきらめたぁの巻 | トップページ | トビウオのくさや »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。