« 茅ヶ岳編 次々番狂わせ | トップページ | 本山そばの里 へ »

2008/05/10

山はあきらめたぁの巻

Img_2743
3日に登る予定だった蓼科山はまだこんなに雪を被っていました。登らなくて良かったぁ。
Img_2747
泊まるホテルは白樺湖パイプのけむり。山行の時は此所で充分です。しかし食事内容が可成り落ちて居ると感じました。
値上げしていませんから無理からぬ事かも知れませんが、、、
足の捻挫がひどくてトイレも思うように成りません。像の足のように太っています。
一夜明け、朝食会場に向かう時の状態で登るか登らないか決める事にしました。それではどうしたか続きをポチッと押してどうぞ。

二日目は霧訪山(きりとうやま)へ翁草に会いに行く予定ですがとても歩ける状態じゃありません。一歩ごとに痛さが脳天を突き刺します。食事をしながら言いました「山は無理だ、霧訪山から見えるはずの景色が見える高ボッチ高原に行こう。お昼は塩尻の蕎麦屋」妻「わ~嬉しい!私、山よりそのほうが良い!!」この方が嬉しいと言われていささかショックですが朝食を済ませ車はビーナスラインを下ります。
Img_2755
行く手に見えてきましたよ!穂高と槍です。
Img_2825
一端20号線にでて高ボッチ高原へ。
Img_2770_3
ジャ~ン! 見て下さい、見事な景色を。
(クリックするとドーンと大きくなります)
槍ヶ岳から左へ中岳・南岳・北穂高岳・涸沢岳・奥穂高岳・前穂高岳・明神岳・西穂高岳
槍から右へ常念岳・大天井岳・燕岳 です。しばし景色を堪能し高ボッチ山に登る事にしました。
5分も有れば登れる道を二本のストックを使い痛みをこらえ登る事30分、やっと到着。
Img_2811
八ヶ岳・富士・南アルプス・中央アルプス・御岳・乗鞍・日本アルプス・妙高
と一大パノラマが続きます。(南側は逆光線で綺麗に撮れない)勿論眼下には諏訪湖が。
昨年WVで来た時は花が沢山咲いていましたがこの時季は有りませんでした。それに変わる見事な景色を堪能しました。
Img_2832
8月に行われる草競馬場で証拠写真を撮って塩尻に向かいました。

末尾の写真は高ボッチ山から見た穂高・後立山連峰と連なる名峰の数々です。
クリックするとド~ンと大きくなります。
蕎麦屋・諏訪湖編に続く
Img_2820_2
F2.8 17〜55mm レンズを新調し今回から使いました。至近距離のピントが上手く合いません。自働も手動もダメで花の写真が全て失敗。慣れるまで時間が掛かりそうですぅ、、

« 茅ヶ岳編 次々番狂わせ | トップページ | 本山そばの里 へ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726733

この記事へのトラックバック一覧です: 山はあきらめたぁの巻:

« 茅ヶ岳編 次々番狂わせ | トップページ | 本山そばの里 へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ