« 枯れ葉マーク | トップページ | 北海道へ弾丸ツアー »

2008/06/19

横尾山

Img_3691
 足の回復具合を確認しながら山を歩きたくなった。
梅雨の最中晴天は期待できなくてもそれに変わる花の楽しみが有れば妻を説得できるだろうと考えた。
それだけではまだ説得する駒は少ない。
普通に歩いて1時間、ゆっくり歩いても1時間半、と30分サバを読んで説明。
「行こう!」と快諾。なんだぁ あれやこれや考えて損しちゃった。
と、行くのは【横尾山1818.1m】ですがサバを読んだ事は今だに打ち明けてない・・・・
それでは『続きを読む』をポチッとクリックして下さい。

須玉インターを出て増富ラジウムラインを走り信州峠に車を駐めます。
Img_3472
春ゼミの鳴き声が半端じゃありません、うなるように泣いています。
妻「登り一時間だったわね?」僕「ウ、ウ~ン、実はね・・・・・・」妻「又ぁ!何時も騙されるんだからブツブツ」
既に数台の車が駐まっていた。実は内心ホッとしたんです。露払いで登って行くと蛇に遭遇するから嫌なんです。
Img_3480
木漏れ陽の差し込む明るい緩やかな尾根が続く。今日は気持ちよく登れるぞ!
Img_3489
ルンルンと15分ほど歩いた所で 
(◎-◎;)ドキッ!!
ワ!!!!!!
出た~~~ 蛇だ!!!!
何故か突然目の前を横切るんだよな~
後から妻が「太くて黒くて大きかったわね、鼠は嫌だけど蛇は平気よ」
ウルセ~俺は嫌いで怖いんだよ、ツタク。(汗)
若い単独行の人が追い越しながら「何事でしたか?あの大声は?」。
Img_3493
30分歩いて一休み。此所から岩ゴロの急登が始まります。の、はずですが大した事はありませんでした。
しかし、グッと踏ん張ると怪我の足首がグキッと傷む。ウ~ン、まずいな~。
Img_3496

Img_3513
春ゼミの鳴き声が下の方に聞こえるようになった頃綺麗なレンゲツツジが出迎えてくれました 
Img_3538
突然辺りが開け満開のツツジと山の景色、そして青い空。
Img_3543
と、そこはカヤトの原でした。
カヤトとレンゲツツジの間に入り込んで写真を撮ったり休憩して居る人が沢山居ます。
一通り写真を撮って更に進む。
小さなカヤトの原をあと二つ通る道は次第に細い尾根になり
Img_3603
大きな岩をヨッコラショッと這い蹲るように通ったりして飽きが来ません。
Img_3649
お目当てのスズランを見つけました。
Img_3674
サラサドウダンも有ります。
もしかするとグンナイフロウも咲いているかと期待したのですが見つける事が出来ませんでした。
Img_3636
さほど広くない頂上にはレンゲツツジが咲き、
Img_3631
八ヶ岳や甲斐の山々、南アルプスと絶景が広がっています。
5月3日に登って怪我をした茅ヶ岳は真南に見えます。
チョット甘いものを食べて下山。
次々登山者とすれ違います。
カヤトの原まで戻って大休止。(初めからそう決めていました)
Img_3739
富士山が霞んで見えませんが目の前の瑞牆山と金峰山は手に取るように見えます。
可成り年配グループがワイワイ言いながら登ってきました。標識を読んだ一人が「ワーまだ此所から50分もあるのか~、もう登りたくね~」なんて言ってます。30分で登れちゃうと教えて上げたくなりました。
さて、12時だ!帰るとするか。
再び蝉の大合唱の中を信州峠まで戻ります。鳥も泣いています。
Img_3751
途中で見つけたシダの類。
そして
Img_3562

Img_3571

Img_3697
カヤトの原周辺で咲いていた名前の解らない花たち。
Img_3770
緑の葉も綺麗です。
駐車場の車はそっくり入れ替わり溢れた1台が路上にはみだしていました。
Img_3790
ラジウムラインから振り返れば瑞牆山も綺麗です。
みずがき湖までの道程で見つけた花も綺麗でした。
Img_3780

Img_3786

Img_3795

Img_3798

Img_3807
参考タイム(道草ばかりで参考になりません)
駐車場(信州峠)出発8:26→カヤトの原9:28→横尾山10:17(出発10:28)→カヤトの原11:20(出発12:00)→信州峠12:49

« 枯れ葉マーク | トップページ | 北海道へ弾丸ツアー »

山とトレッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726690

この記事へのトラックバック一覧です: 横尾山:

« 枯れ葉マーク | トップページ | 北海道へ弾丸ツアー »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ