« 弾丸ツアーダイジェスト版 美瑛へ | トップページ | 美瑛へ その3 »

2008/07/25

美瑛へ その2

Img_4474
20日AM7時、禁煙・ナビ・ETC付きレンタカー、これも安上がりに小型車を借りて既に美瑛に向かって走っておりま~す。助手席の妻の顔も満足そうです。
思えば一ヶ月前に突然「美瑛に行く」と言いだした妻のワガママ。我が家は旅行となると何から何まで僕が手配します。従って今回何所をどう回るのかなんて全く知らないでのんきに助手席に座っています。
それでは続きを読むをポチッと押して下さい。

しか~し、雨が降ってきました。旭川まで高速を走るつもりを急きょ変更して三笠ICで出ました。雨じゃしょうがない、少し時間は掛かりますが安上がりです。
何時しか雨も止んで美瑛の手前から大渋滞。なんだこれは!今回はファーム富田は行く計画ではなかったのですがどうしても行きたいと妻が言い出した、ヤレヤレ。やっと抜けて又渋滞。ファーム富田遙手前からにっちもさっちも行きません。裏道を走り急ごしらえの土産物屋に駐車料金払うからと言って駐めさせてもらいなんとか辿り着きました。
Img_4501
綺麗です。満開の花、そしてラベンダーの香りに迎えられました。冒頭とこの写真です。もの凄い人の数。
Img_4513
写真を撮って大急ぎで退散しました。
Img_4530
さて、目的の美瑛に着きました。【木のいいなかま】で昼食。
ガイドブック片手に大勢並んでいますぅ、、、
Img_4536
店内の様子です。
Img_4539
僕は“肉じゃがオムレツ”美瑛産のジャガイモを使っているそうですが特別美味い訳ではありません。まあこんなもんです。
Img_4548
妻は“ポテトソフトピザ”まあまあでした。美瑛の野菜を使ったカレーの方が美味そうでした。
食後、今回最も会いたいと思っている景色を探しに走りました。脇道を出たり入ったり戻ったりしながら、、、、、
見つかりました。なんだぁ、、幹線道路脇にありました。
Img_4561
【赤い屋根のある丘】です。
(;゚゚)ワーッ!ガッカリ、、、一面緑一色です。小麦のセピアとジャガイモの緑のパッチワーク、そして赤い屋根を期待したのですがぁ、、だめです。このポイントはポスターや絵葉書、さらに各種案内パンフレット等で盛んに使われている場所です。
Img_4612
続いて向かったのは【新栄の丘】牧草ロールのだるまさんがアクセントで可愛いです。
天気が良ければ朝日岳連峰連峰から十勝岳連峰まで見えるはずですが雲で見えません。
Img_4681
【四季彩の丘】オヤ?ずいぶんイメージが変わっています。
Img_4661
以前はラベンダーだけで色違いのパッチワークになっていたのに今は花畑です。
Img_4670
綺麗ですから許そう。しかし、商魂たくましいです。いろいろと、、、
勿論此所に来るまでもあっちへフラリこっちへフラリと景色を楽しんでおります。
Img_4712
黄金色に輝く稲を期待していたのですが枯れたのや刈り取られた後、そしてこれから色付く物のどちらかでした。
Img_4739
フッ、と癒され力が抜けた一瞬です。
Img_4786
【拓真館】横のラベンダー畑と景色です。
Img_4794
【三愛の丘】近くの風景です。
Img_4813
晴れそうで晴れない。それどころか遠くが霞んできました。
Img_4864
【白樺街道】を真っ直ぐ上がり【白金温泉】のペンション【ほしの灯家(あかりや)】が今宵の宿です。偶然取れたのが此所でした。
和室に押し入れ。山小屋方式で人数はどんなに増えても入っちゃいます。向かいの部屋ではザックが廊下に出ています。山小屋と同じです。
泉質は最高に良いのですがひどいです。石鹸もシャンプーもトイレットペーパーも切れています。補充する気はサラサラ無いようです。
上がり湯もシャワーも出ません。桶いっぱい湯を貯めるのに5分も10分も掛かります。これじゃ~満室にならない訳です。
他人の事は言えませんが十勝岳に登った山屋が次々日帰り入浴に来て大混雑です。掛け湯も出来ない状態で入りますから不衛生です。食事ですか?書くほどの物じゃありません。
と、美瑛の一日目は終了しました。
取り上げなかった他の写真も貼り付けておきます。
Img_4519

Img_4580

Img_4603
赤い屋根の丘を上から見るとこうなっています。やっぱりパッチワークに成っていないと絵にならない、、、
Img_4691

Img_4792

Img_4730
締めくくりの一枚はこれ。(拡大できます)曇り空での写真は青い空を入れて撮れませんので構図も良くありませんし発色も良くありません。
続く

« 弾丸ツアーダイジェスト版 美瑛へ | トップページ | 美瑛へ その3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726659

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛へ その2:

« 弾丸ツアーダイジェスト版 美瑛へ | トップページ | 美瑛へ その3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ