« 美瑛へ その3 | トップページ | 八子ヶ峰 »

2008/07/31

美瑛へ その4 雪華亭

 札幌に戻りました。一昨日と同じホテルに泊まります。
何もかも安上がりを旨とした今回ですが、締めくくりだけは豪華にと選んだ夕食は【雪華亭】で蟹のフルコースです。ホテルの近くススキの店を予約しました。Img_5338
それでは続きをポチッと押して中にお入り下さい。

実は昨年11月駅前本店に予約無しで行って断られました。
そこで今回は旅行が決まるとほぼ同時に予約しました。当日場所が解らなくて電話をしました。すると和服を着た仲居さんが店先に出て私達を出迎えてくれました。こんな些細な事がとても嬉しいんです。
地下1階に有りました。地下ですが店内には庭が造られています。
P7220246
入って直ぐ左側の淡雪の間に通されました。この部屋は外庭が見えます。
「歳ですから沢山食べられません、品数の少ない(言い方を変えれば一番安い)水運コースでお願いします。別に「毛蟹の蟹刺しとバフンウニを殻ごとスプーンですくって食べたい」とオーダーしてあります。
Img_5347
毛蟹の姿盛り
強めの塩で茹でてありました。
別注の蟹刺は何時お運びしますか?と言われたので「直ぐにお願いします」と答えました。
写真右側に添えられているのがそうです。甘くてとても美味しかったですが 小さいよ!!
ミソは焼いてありました。味は勿論、ねっとりとした香ばしい香りと甘さが最高でした。
Img_5354
続いてバフンウニ
殻付きで食べるのは何年ぶりだろうか。うま~い。そして あま~い。
Img_5357
松葉蟹のカニしゃぶ
鮮度が有るから出すんでしょうが、パクッと食べた時中の方が冷たいのがとても気になるんです。
Img_5375
陶板焼 
Img_5384
たらば蟹の湯引
Img_5387
鉄砲汁
Img_5390
松葉蟹の天ぷら
この辺りでお腹がいっぱい。よわったな~とても食べきれないよ!
Img_5393
蟹雑炊
とても美味しかったのですが残しました。も~入りません。
Img_5396
水菓子 これは別腹
シャーベットを頼みました。
どれも美味しかったです。

安上がりを第一に考えての美瑛でしたが、せめて締めくくりでこのぐらいの事をしても贅沢とは思わない夕食で満足でした。でも、もっと良い店が有るはずだよな~。探さなくちゃ。

次は何時来ようか、帰ると直ぐ行きたくなる美瑛だから不思議です。

« 美瑛へ その3 | トップページ | 八子ヶ峰 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726649

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛へ その4 雪華亭:

« 美瑛へ その3 | トップページ | 八子ヶ峰 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ