« 柿と庭木 | トップページ | 給付金に思う事 »

2008/11/08

大道芸ワールドカップ

Img_7590 11月2日静岡で行われている大道芸ワールドカップを見に行きました。
駐車場をウロウロ探すより運動がてら自転車で中心街に。
10時半ですが巽櫓(たつみやぐら)前は次々と会場に向かう人の列。
詳しくは続きを。

Img_7599投げ銭両替所でスモールチェンジ。このイベントも年を追う事に盛んになりギャラリーもスマート、抵抗なく投げ銭や指名されて舞台に出て行く様になりました。
Img_7605城内は出店も多く見たり買ったりするのも楽しいですが人力車も有りました。
Img_7627会場内数カ所の大道芸を見て回りましたが早くから陣取って座るか踏み台を持ってきて後ろから見ないと良い位置で見られません。この写真は後から撮っています。
Img_7693繁華街呉服町通りです。此方も凄い人です。
Img_7706こんな芸人も居ました。アレ?投げ銭何所で出せばいいの?
Img_7717デザイン学校の生徒さんがフェイスペイントをしています。あどけない子供の顔は良いですね。
Img_7726この男の子は顔全体に書いてもらっています。絵師は外人でしたが何が出来上がるのか確認しませんでした。
Img_7772山本光洋さん。
この人人気があるらしい。ギャラリーの会話「去年は○○をプレゼントして今年御礼を言われちゃった。今回は新作もあると言っているから楽しみ!」なんて言ってます。パントマイムのようでもあるし喋らない訳でもない不思議な演技でした。投げ銭はコインだけでなくお札を入れる人がけっこう居ました。
大がかりな大道芸はスゴイ人だかりで今年は見るのはパスしちゃいました。
17回めの大道芸ワールドカップ、今年は20ヶ国91組161人のパフォーマーが来たそうです。期間中静岡市を訪れる観光客は200万人を越したそうですっかりメジャーなイベントになりました。

さて と、このブログ、気が付けば5万カウントを越しました。
多くの方に読んで頂き本当に有難う御座います。

« 柿と庭木 | トップページ | 給付金に思う事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726574

この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸ワールドカップ:

« 柿と庭木 | トップページ | 給付金に思う事 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ