« 指宿 鹿児島 そして宮崎その2 | トップページ | 人もまばらな静かな初冬の里山を、この一年を振り返りながらゆったりと歩こう »

2008/12/26

指宿 鹿児島 そして宮崎その3

Img_8395
翌日は夜中から雨が降り出し観光どころでは無いのですが取りあえず向かったのは宮崎神宮。
雨で訪れる人もほとんど無くキーンと冷たい空気と相まって厳かに思えました。

Pb250086
【平和台公園】は人っ子一人居ない静かな中で誰にも邪魔されず柏手を叩いて響き渡るエコーの音を楽しんだ。妻は新婚旅行で来ているのに思い出せないと言っている。ガッカリだな~。
Pb250091
続いて向かったのは【堀切峠】
何所までも続くフェニックスの連なる街路樹の道。新婚旅行でこの道を通って鬼の洗濯岩を見に行って居るのにこれもハッキリ思い出せないと言っている妻には困ったもんだ、、、、運転手に頼んで海鮮料理屋に行き伊勢エビを食べた事は解っているらしい。食い物しか覚えてないの?トホホ
堀切峠には道の駅が出来ていた。横なぶりの雨がもの凄い勢いで降っていて車から降りる事も大変だった。15分ほどして奇跡が起きたと思うほど雨がピタッと止んだ。
Pb250095
来たような来ないようなと首をかしげている妻・・・まあそれはそれとしてしばらく景色を楽しみました。実を言うと僕は何回も来ているのですが。。。。
伊勢エビを食べようと近くのホテルを回ったものの何所も休止中。やっと見つけた海鮮料理屋に入りました。伊勢エビが九千円?!良い値段だな~、、、、所在なげに多くのお客さんがテーブルに座っています。一組の夫婦連れに聞きました「待たされていますか?」「ええ、待たされています」・・・・お茶を一口飲んじゃいましたが「止めます」と言って出てきてしまいました。実はこれが大正解。
Pb250106
【ひで丸】です。
通りからチョット入るので解りずらいですが注意して走れば見つかります。
Pb250100_2
イセエビ定食5千円です。
活造盛合せ・煮魚・天ぷら・小鉢・味噌汁・ごはん・デザート付です。
イセエビは伊豆のイセエビ祭りの時よりも大きいです。プリプリしていて美味かった~
Pb250104
頭は味噌汁に成って再び登場!ミソが美味かったな~
イセエビ単品は4千円で注文も出来ます。活造り又はボイルをお好みで。

早いけどレンタカーを返して宮崎空港へ。
予約は17時10分発ですが早い時間に乗りたいとリクエストを出す。
席はバラバラでしたが一便前に乗れ、ウソみたいに晴れ渡った空に向かってテイクオフ。
事前に何一つ決めることなく我が家としては珍しい行き当たりばったりの無理矢理消化した散バラな旅は終わったのです。

« 指宿 鹿児島 そして宮崎その2 | トップページ | 人もまばらな静かな初冬の里山を、この一年を振り返りながらゆったりと歩こう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726532

この記事へのトラックバック一覧です: 指宿 鹿児島 そして宮崎その3:

« 指宿 鹿児島 そして宮崎その2 | トップページ | 人もまばらな静かな初冬の里山を、この一年を振り返りながらゆったりと歩こう »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ