« 聘珍樓とフカヒレ | トップページ | 奴隷? »

2008/12/16

同じはずなのに・・・

諸般の事情で八月から一人で生活している日が多かった。
やっと今週から元の生活に戻る事が出来た。一人で生活するのは気楽で良い。好きなように寝たり起きたり糸が切れた凧みたいに何所にとんで行くか解らない行動を取ったりとそれなりに楽しんだ。
一人分の洗濯は週に一度で良いと割り切った。掃除?!「ホコリに埋もれて死んだ人は居ない」と自分に都合良く取った。昔から風呂は自宅では入らないから湧かしたり風呂掃除する必要はない。
朝は食パン昼は会社の給食弁当で特に困らない。夕飯もそうだ。元々晩酌はしないと言うよりも酒は嫌いだから飲まない。食べられさえすればそれで良いので近場の食堂を渡り歩く。
しかし、こんな食生活は食品のバランスが悪い。どうしても青いものが不足する。“ごはんや”なんて店が最近出来ごく普通の家庭で食べられているようなおかずをチョイスして食べる事が出来とても助かる。
そんな状況でも時々はぬか床に手を突っ込んでぬか床だけは守ってきた。塩をふりすぎてチョットしょっぱくなったけどその程度なら御あいきょうだ。
そんな生活をして居て気が付いた事がある。

同じチェーン店ならどの店で食べても同じ味で同じ量だと当然思う。所が違うのです。
写真は すき屋の牛丼並盛り・味噌汁サラダセットです。
P1000002
静岡池田店のもの
P1000004
静岡北店のもの
北店の物は具の盛り方が何時もこんな具合に少なく御飯が見えている。もっと少ない日もある。丼鉢もベタベタネバネバして気持ちが悪い。
池田店の物は御飯が見えるような盛り方はない。食べても美味いのだ。マニュアルどおり作っているのだから同じはずなのに 違う!玉葱の味が甘くてコクがあるから美味いと感じるのかも知れない。器も何時も綺麗だ。

« 聘珍樓とフカヒレ | トップページ | 奴隷? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同じはずなのに・・・:

« 聘珍樓とフカヒレ | トップページ | 奴隷? »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。