« 社長を退任し 会長になりました | トップページ | 聘珍樓とフカヒレ »

2008/12/09

忘年会は横浜へ

Pc070001_2
 年末になると県内同業者の忘年会がある。
今年は横浜でやることになった。しかし細かいスケジュールが何も決まらないまま親父達が新幹線に乗った。
さて、どうなる事やら。
続きをお読み下さい。

桜木町で降りて「腹減ったな~、先ずは飯食うか」と向かったのは近くの食道。○○定食なんてのを取りあえず食べたのです。食べながら氷川丸まで行ってクルーズ船の出航時間を確認しようと言う事になりました。ベイクルーズ?ジイジの立場の人もいる男ばかりの団体にクルーズは絵にならないと内心思いましたが好きなようにすれば、、、と受け流しました。
Pc070009
出航時間も決まり三渓園にでも行くかとタクシーに分乗し到着。
実は障害者が一人居るのですが手帳見せると本人と付き添いタダ「オオヤッタね、誰が付き添い者?誰でも良いよ、会計がなんなよ!オッ高齢者割引もあるぞ!」なんてワイワイガヤガヤ、大変なのは会計さんです、こんがらがってきます。
Pc070013_2
園内は紅葉が綺麗で多くの人が訪れています。
一通り見て回って次に向かったのは
Pc070014
ブリキのおもちゃ博物館です。
オッチャン達がブリキのおもちゃ館で子供の頃のおもちゃをノスタルジアに懐古するのは少しは様になるだろうと思ったのです。
P1000023
所狭しと懐かしいブリキのおもちゃが並んでいました。小さい店ですので直ぐ見終わっちゃいます。ジイジが買ったお土産は0系新幹線が多かったようです。勿論ブリキ製です。僕はジイジじゃありません!早くなりたいよ!
外人墓地は直ぐとなり。港の見える丘公園まで歩きました。
Pc070015
目の前にベイブリッジが見えます。参加者の多くがこの辺は来た事無いと言っています。カッペだな~。
Pc070004
山下公園まで歩いて出航時間を待ちます。ここから見た港みらいは見応えがあります。
Pc070018
1時間コースのマリンルージュはやがて出航。海上からの港みらいです。陸から見る港みらいとは違った景色が有りました。
Pc070020
ベイブリッジも正面に見えて来ましたがやっぱりオッチャンだけのパーティーは絵にならないよ。カップルでなきゃ。
Pc070031
船は大黒ふ頭を周りやがて港みらいに方向に進路を変えると丁度夕日が沈むところでした。確かに綺麗だけど・・・
一緒に見る相手が違うよ!
と、なんだかんだと言いながらも景色は堪能出来ました。
続く
今日は一眼レフでなくバカチョンと携帯電話で撮りましたので満足な写真ではありません

« 社長を退任し 会長になりました | トップページ | 聘珍樓とフカヒレ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726545

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会は横浜へ:

« 社長を退任し 会長になりました | トップページ | 聘珍樓とフカヒレ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ