« ラスベガス No3 | トップページ | ラスベガス No5 »

2009/01/16

ラスベガス No4

今日は1月2日、レンタカーを借りてダウンタウンへ。
Img_9595
それでは続きをどうぞ


Img_9366

Img_9376
アーケードの屋根に覆われています。実はこの屋根には仕掛けがあり
Img_9449
夜は電飾でこのようになると説明の立て看板が有りました。やっぱり賭博の街はネオンギラギラの夜の方が似合うと思います。
Img_9371

Img_9402
まだ朝も早いので人は少ないのですが呼び込みの女性が店先に立っています。
Img_9410
随所にラスベガスらしい店もありました。トップレスショーの店ですがどうやら24時間営業のようです。ダウンタウンの方がラスベガスらしい雰囲気がありノスタルジアをおぼえます。
Img_9423_3
露天もボチボチ空いています。写真を撮っているこの道路、昔は
Img_9455
こんな状態だったようで車も通る道路だったそうです。
立て看板と説明がありました。
Img_9459
ラスベガス最初のホテルは今も立派に営業中です。
Img_9467
昼飯は中華街まで車を走らせ
Img_9472
この店で飲茶
Img_9478
大きな焼き豚とシュウマイ、他に数種類食べました
Img_9488
仕上げは焼きそばです。どれも美味しかった~ 満足。
Img_9509
次ぎに向かったのはアウトレットモール
Img_9526

Img_9541
どの店も30~80%Offでそれぞれが自由行動で目的の品をゲット。
予定の品が買えた人は喜びもひとしお。
Img_9545_2
帰り際遠くの山が突然黄金色に輝き感動しました。
Img_9557

Img_9584
程なく夕焼けが始まりました。
Img_9571
どこからでも見えるこのタワーはホテルでその最上部は遊園地になっているらしい。
塔より飛び出てぐるぐる回ったり突然ガク~ンと先が落ちたりする絶叫マシンが有るのだそうだ。

さてラスベガス最後の夜は“オフランス料理”としゃれ込みましょうか。
どうせなら★★★ロブションで食べたいとの僕の希望でホテルコンショルジュを通して予約しようとしました。
最低一人$350以上ワインだチップだと言っていると$500くらいになるらしい。僕はこんな時だからと言うのですが他の3人に却下されました。
Img_9611
コンソルジュお薦めのレストランはエッフェル塔の11階にある「エッフェルタワーレストラン」
展望台行きとは違う専用のエレベーターで向かいます。
Img_9733
着くと目の前がオープンキッチンです。自信の表れだと思います。
Img_9613
席に着くと目の高さにパリスのネオンが。
メニューは英語ですが説明はフランス語でした。一品ずつ説明を聞けば英語で説明されますから特に困る訳ではないのですが長男は鴨づくしの料理、他はコース料理($99)に決定。
Img_9637
料理を待ってる間にも噴水ショーは続きます。
Img_9647
いよいよ運ばれてきました
Img_9649

Img_9652
スープが出た辺りまでは快調でした
Img_9661
スズキのポアレ
どれも美味しいのですが
Img_9696
メインディッシュの仔羊
お腹がいっぱいで味わっている余裕がありません
妻はノックしてしまいほとんど手つかず。目は食べたいのに食べられない辛さ
Img_9703
レアチーズと鴨肉
Img_9706
コーヒー
Img_9711
デザート。僕はクリームブリュレをチョイス
久しぶりに食べた本格的なブリュレに感激。
Img_9716
妻はアイスクリームが良いと頼んだのがこれ
\(・o・)/ワア!
着飾ったご婦人やそれなりの服装をした人が多いですが中にはGパンの人も居ました。そんなお客さんは悪い席に案内されていました。
席は暗く特に僕の席はほとんど光がない状態での撮影でしたので綺麗に写っていません。写真にメリハリがないので美味そうにも見えません。(f2.8 1/5 ISO1600)
すっかり夜も更けました。息子達は何処かのカジノに寄って行くとの事。妻はホテルに戻ってホテルのカジノ。どうぞ楽しんできて下さい明け方まで。帰りの飛行機でずっと寝ていれば良いんだから。僕は〜一人で帰りの荷物整理して、、、、ねます!

« ラスベガス No3 | トップページ | ラスベガス No5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726509

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガス No4:

« ラスベガス No3 | トップページ | ラスベガス No5 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ