« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009/02/27

観梅 向山梅林園

豊橋まで戻りました。向かうのは
【向山緑地内 梅林園】です
Img_0797
続きを読むをクリックして下さい

続きを読む "観梅 向山梅林園" »

2009/02/24

観梅 岡崎天満宮

Img_0706
今年は観梅や早咲き桜の“花見”に出かけなかった。
それで我慢出来るはずのない我が家は結局出かける事となり今年はなんと愛知県まで遠征した。
遠くまで行くのだから費用効率を考えて2ヶ所を選んだ。
先ず初めは
【岡崎天満宮】
Img_0702
時間も早く誰も居ない静かな時を過ごす事が出きるはずですがぁ・・・・・
続きを読むをポチッと押して下さい。

続きを読む "観梅 岡崎天満宮" »

2009/02/20

立入検査

「事故米」と言う単語さえ知らなかった国民ですがその事故米で三笠フーズ社長が逮捕された。
農林水産省の福岡農政事務所は2004年以降96回も立入検査をし見逃したそうだ。しかも内部告発まであったのに中途半端に調査し打ち切ったとの事。
事故米を食わされた病院や幼稚園さらには酒蔵メーカー等々お気の毒でならない。
こんな状態であるのに農林水産省のアホバカ役人を一人も監獄に放り込めない。なんとも苦々しい。早く法律を改正しなくては役人どもは何時までもほくそ笑んでいる。

立入検査は○日○時に行くと事前に必ず電話してから来る。それは面倒なことにならないように(自分たちが余分な仕事をしなくても良い様に)と言う極めて自分本位で仕事をしないで毎日遊んで5時には帰りたいと言う考えに寄るものだ。

過日当社に消防が立入検査に来た。ご多分に漏れず数日前に電話で予告してから来た。
危険物などを含む引火性の物や焼却炉、さらに消火器は正しく設置され避難経路が広く確保されているか。
等々を調べるから準備おさおさ怠りなくキチットして置けよ!と言う事だ。バカみたいだ。なんの意味もない。勿論当社は抜き打ちで来ても何も困らない。抜き打ちでやるのが大原則なのに。バカな話だ。
言いようもなく腹立たしい。高級官僚を初め全ての役人をキチット罰せられる世が来なくては良い日本は何時までも来ない。
オット!その前に高級官僚はいらないし役人も半分で良い。

2009/02/17

満開です

週に二三回職場の近く巴川の土手沿いを40分ほどですが汗ビッショリになるスピードで歩きます。マガモやサギ・カワウなどが見られますが時々川蝉に遭遇する事もあります。川蝉を見た日はとても儲かった気分になります。
P1000002_2
そのコースの途中に地元の人が植栽したらしい河津桜が今年は既に満開を向かえました。
写真左側白い建物は城北下水処理場です。
(写真は写メ)

2009/02/13

土肥温泉と鮨庵さいとう

ウォーキング後はいつも温泉です。
夕食の関係で今日はわざわざ遠回りをします。
大川から一端南下して河津を通ります。丁度この日から河津桜祭りが開催され渋滞にはまってしまうのが心配でしたが人出も少ないらしくスイスイ。
河津桜原木はほぼ満開。勿論河津川土手の桜も見事に咲いていました。この調子だと今年は早く散っちゃいそうですよ~。。
414号線・136号線と走って土肥温泉に。
Img_0660
実は今まで行った事のない【弁天の湯】に入りたかったのです。
1階は老人憩いの家。二階が風呂で¥500です。ウォーキング後はいつも割り切ってこの手の温泉です。
P1000005
畳四畳ほどの湯槽でとても清潔ですが硫黄の臭いもしませんし塩分も有りませんでした。さら湯の様な感じです。石鹸・シャンプーは有りません。P有り。
P1000004
小さいながらも露天風呂もあり海と港を見ながら入るのも格別。ほほをなでる潮風がとても気持ちよかったです。

さて、伊豆半島西海岸を北上し菜の花で有名な井田は通過。大瀬崎も通過。西浦にある山源(2008年3月22日ブログ)を目指し曲がりくねった道をひた走ります。やっと到着。
するとど~だ「本日予約で満席」
ツツツッ\(゜_\)))っ.。o0OOOOO
妻も僕も何日も前から山源の海鮮料理モードでいたのにもの凄いショックです。
沼津に向かいながら海鮮料理屋を探しましたが鮨屋や仕出し屋も兼ねていたりで入る気にも成りません。ハンドル持つ手も重く暗~く押し黙った時間が続きます。
Img_0665
魚市場で新しい店でも開発するか?と高そうな構えの店に入りました。
【さいとう】です。

僕は鮨モードではなかったので何にしようか迷いました。フト目に入ったのがうに丼。高級ウニ使用と書いてある。意地悪な質問をしました「バフンですか」親方「違います」でも良いから食べてみるか!
Img_0674
丼に余す所無くウニが乗っているのを期待しましたが卵焼きを全面にまぶしてその上にウニが、、、
ウニは甘く磯の香りもしてなかなかの物でしたが量が少ないな~正確な値段は忘れましたが四千円にチョット欠けた値段でした。
海鮮料理が鮨に変わろうと鮨ならご機嫌の妻は
Img_0677
おまかせ¥2,940を頼みました。
写真は既に食べてしまったカンパチが抜けています。お好みでは絶対に食べない蟹などもでちゃいますが美味かったとベタ褒めでした。中トロ・赤貝は特筆に値します。玉をチョット食べてみましたが美味かったです。(小握りにしてもらっています)
今度沼津で鮨が食いたかったら二葉でなくて此所にしようと決めた我が家です。(^_^.)
Img_0682_2
今回のウォーキングーでもてなしを受けた 成金豆・伊予柑です。真ん中はサザエ最中、正式名“波の子”で大川駅前清月堂で買いました。○○最中買おうとしたら売り切れちゃったよ!別の方向から今店に並べられたよ!と聞こえてきてさっそく買ってみたのです。最中の皮は厚いです。つぶし餡で甘さをほとんど感じません。菓子博名誉金賞受賞だそうですが「知るは楽しみなり」が一つ増えただけ、、、、

2009/02/10

伊豆大川 向田川遊歩道めぐり

Img_0535
今月も来ましたウォーキングに。
鉄道会社のイベントに車で行くのも気が引けますが伊豆高原駅まで車。伊豆急には1区間¥210払い大川駅で下車。
出発だ〜〜〜〜ッ!

続きを読む "伊豆大川 向田川遊歩道めぐり" »

2009/02/06

スーツケースの破損と保険

正月の旅行で帰りにスーツケースのキャスターが一つ取れてしまった。
ユナイテットエアーに弁償させようと思ったのですが突起物は対象外との事。航空会社から一つ取れた事の事故証明書をもらいカード会社に請求する事にした。
修理に出したところ、取れた時よほど強い力で引っぱられたか押されたらしくフレームが曲がっていて鍵が掛からないのでその修理もしなくてはダメだと言われた。合計二万一千円。
困ったな~、そこまでは見てくれないだろうとダメモトの精神で申請した。
すると ど~だ! 嬉しいね 
免責三千円差し引いて一万八千円が振り込まれた。
大きい声じゃ言えませんがキャスターは四つとも新品に成ってしまった(^^)V
Img_9992

2009/02/03

日本平

Img_0507
前線を伴った低気圧が東海地方沿岸を通過直後は必ず綺麗な富士山は見えるはずだ。
よし、日本平に登ってみよう!

結果は冒頭の写真の様に期待通り見事にスッコ~ンと抜け渡った富士山が見えました。
それでは続きを読むをポチッと押して中にお入り下さい。

続きを読む "日本平" »

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ