« 賤ヶ岳と花見 | トップページ | お茶畑と富士山 »

2009/04/17

海津大崎

鶴亀号に再び乗り込んだ我々の向かうのはカタカナの町“マキノ町”です。
此所で桜トンネルをバスで通り抜けようと言う趣向です。
大渋滞で尺取り虫の如く進んで行く先は【海津大崎】
Img_1624
海津大崎の岩礁で知られる景勝地だそうですが同時に桜の名所でもあり約600本のソメイヨシノのトンネルが続くのです。
Img_1629
車とバスは駐停車禁止の一方通行を桜を見ながら走ります。じっくり見たい人は車をマキノ駅前の無料駐車場に預け路線バスで現地まで行き歩くか船に乗って琵琶湖から眺めます。
Img_1650
それにしても凄い人です。歩いて抜ける人、自転車で抜ける人さまざまですが満開の桜が延々と続く様はお見事としか言いようがありません。しかし船に乗って見るのが一番綺麗だろうと推察できます。
海津大崎トンネルは高さ制限3.6mです。鶴亀号は小型バスだったので通る事が出来たんですよ~!よかったね御長寿寿隊の皆さん!!!!
大浦から更に先に進み奥琵琶湖パークウェイに入りますが此所も一方通行に規制されていました。
Img_1721
琵琶湖を這うように、そしてツヅラ折れした道には4,000本の桜がピンクの帯と成り延々18.8km続くのは圧巻です。
Img_1731
右を見ても左を見ても前を見ても後ろを見ても上を見ても下を見ても桜・桜・桜、、でも、、、フト考えちゃったんです、、、、、
満開のこの時季も然る事ながら、寿隊には桜吹雪を突き抜ける方が趣が有るようにもと。。。。
~〜さくら花 散り交い曇れ老いらくの 来むというなる 路まがうがに〜~

« 賤ヶ岳と花見 | トップページ | お茶畑と富士山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726430

この記事へのトラックバック一覧です: 海津大崎:

« 賤ヶ岳と花見 | トップページ | お茶畑と富士山 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ