« 祭りだ 花見だ! | トップページ | 賤ヶ岳と花見 »

2009/04/13

タケノコとアサリの酢飯

竹の子シーズン真っ盛りです。
小泉武夫先生の“食あれば楽あり”にタケノコとアサリを使った酢飯が紹介されました。
早速作ってみました。と言っても僕が作る訳ではありません。妻に作ってもらいました。
Img_01483料理法
薄めにイチョウ切りにしたタケノコを鍋に入れて煮汁(醤油と味醂を小さじ各二、だし汁カップ二分の一)で汁がほぼ無くなるまで煮詰める。新鮮な活きアサリをたっぷりの水で煮(汁はとっておく)、殻から身を取り出し、その身を前述煮汁で汁気がぼぼ無くなるまで煮る。
酢飯は米三合を洗って普通に炊き、調味した酢(酢大さじ四・砂糖小さじ一杯半・塩小さじ一)を廻しがけし切るようにしながら混ぜる。その酢飯にタケノコとアサリを加えて混ぜ合わせる。山椒の葉を細かく刻んで散らし出来上がり。

吸物は取っておいたアサリの煮汁に殻付きのアサリを何粒か入れ煮立て塩を適宜加え味を調え山椒の葉を浮かべる。これでタケノコとアサリの酢飯と椀の
「完成で~す」

山椒の葉がなかったのでかいわれをパラパラ
かなり多めに酢を入れたそうですが我が家ではもっと入れた方が良かったと思いました。ヤヤ薄く感じたタケノコとアサリの味でしたが妻はちょうど良いと言って居ります。山椒の葉を使えば味にピリッとしまりがでた事は間違いないと思います。
Img_01492刻み海苔と刻み生姜を乗せて食べました。春を感じる簡単料理、美味しくて大満足でした。

« 祭りだ 花見だ! | トップページ | 賤ヶ岳と花見 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726433

この記事へのトラックバック一覧です: タケノコとアサリの酢飯:

« 祭りだ 花見だ! | トップページ | 賤ヶ岳と花見 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ