« タケノコとアサリの酢飯 | トップページ | 海津大崎 »

2009/04/15

賤ヶ岳と花見

賤ヶ岳(シズガタケ421.1m)
Img_1576
何所にあるのかと思いきや滋賀県の琵琶湖と余呉湖に挟まれた所にありました。
豊臣秀吉と柴田勝家の主導権争いが行われた古戦場なのだそうです。
写真は山頂の様子です。
続きを読むをポチッと押して中にお入り下さい。

ワンダーホーゲル静岡東支部行事で山と花見の行事に参加しました。
バス「仲良し鶴亀号」に乗り込んだ顔ぶれは相変わらず“ご長寿 寿隊” 
若い人が入ってこないから平均年齢が上がる一方ですぅ、、、とまあこの話は置いといて男性9人女性14人で静岡駅前5時半出発~ッ!。
Img_1495
木之本インターを出て余呉湖の北側に到着。ワオー!見事な桜が出迎えてくれました。
Img_1501
桜の先には余呉湖の風景が広がり
Img_1513
今月から変わった新支部長のリードで体操後出発。
Img_1516
登り口から振り返れば余呉湖と桜並木が見えます。
Img_1522
登り口には大きな看板がありますから迷う事はありません。
いきなり急登ですが標高が低いですからほんの少しでしょう。よく手入れされた道です。尾根に出れば後は楽なはず。
Img_1534
尾根に出ました。更に広い道になりました。
Img_1538
イカリソウが咲いています。
Img_1553
中川清秀主従の墓です。此所には清秀の陣地があったそうです。
賤ヶ岳七本槍の話はこの辺りの出来事で加藤清正はその一人。
Img_1562
清秀の首を洗ったと言われる 首洗いの池 を通過。
Img_1564
猿が馬場 を通過。
羽柴秀吉は最初此所で敗退し、その後賤ヶ岳に陣を移したと説明があった。
それにしても道程が楽な分女性達のお喋りはよく続きます。
右に見えるのは琵琶湖?誰だ!そんなトンチンカンな事言っている女性隊員は!地図忘れても弁当だけは忘れない連中ばっかりで、、、なに~地図持ってないけどコンパスは何時も持ってるって?まったくノーテンキだねぇ、黙って付いてくれば目的地へ連れてってくれるリーダーのお陰だよ!ハイ感謝!!南に向かって歩いているのだから右に見えるのは余呉湖。琵琶湖は頂上に着いたら見えます。
Img_1575
あまり手入れされていない植林地が雑木林に変わる頃
Img_1579
賤ヶ岳に到着。
ワ~ッと歓声が上がります。それもそのはず頂上は桜・桜・桜。
Img_1584
方位板で確認するメンバー。
Img_1588
眼下には余呉湖。血の付いた武具を洗い湖が真っ赤になったと言い伝えられているそうです。
Img_1592
南には琵琶湖が見えていますが霞んで居ます。竹生島も見えます。
30分の大休止を取っている間観光客が次々やってきます。それもそのはずリフトに乗れば10分歩くだけで頂上に立てるのです。

さて、飯浦(はんのうら)方面に下ります。
Img_1606
余呉湖国民宿舎方面と道を分ける峠“アチラ坂峠”には、お地蔵さんが安置されていました。
Img_1618
飯浦です。点在する山桜がとても綺麗です。
風もなく歴史の勉強も兼ね、しかも満開の桜を楽しめた山行で一年前に計画してよくもドンピシャリだと感心しました。
この山全体で激しく歴史が変わる戦が行われたとはとても想像できません。

実は此所にバス鶴亀号を迂回させて待たしてあります。
それは・・・・・・・・・つづく

参考タイム
余呉湖湖畔到着9:05→出発9:35→登り口9:38→尾根9:50→中川清秀の墓10:07→首洗いの池10:19→猿が馬場10:22→賤ヶ岳11:11→出発11:40→アチラ坂峠12:02→飯浦12:31

« タケノコとアサリの酢飯 | トップページ | 海津大崎 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726432

この記事へのトラックバック一覧です: 賤ヶ岳と花見:

« タケノコとアサリの酢飯 | トップページ | 海津大崎 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ