« 自然遺産・文化遺産の複合遺産 マチュピチュ ナスカ編 | トップページ | マチュピチュ »

2009/06/30

クスコ 

観光2日目
連泊したホテルを後に今日はクスコに向かいます。
Img_3291
リマからスターペルー航空に乗ります。
Img_3316
間もなく氷河を頂いた山が見えてきました。生涯にアンデス山脈を越す事は無いだろうと思っていましたから感激もひとしおです。
Img_3336
クスコの飛行場と町が眼下に見えてきたのですがここからがすごかった。
機体は曲がりくねった尾根と尾根の谷間を縫うように右に左にクネクネと傾きながら飛びます。
Img_3340
眼前に迫り来る尾根にぶつからないかと冷や冷や物です。
Img_3346
そろそろ到着でしょうか。
それでは 続きを読む をポチッと押して中にお入り下さい。

Img_3360
下り立った我々が先ず目にしたのは如何にも高地と思わせる澄み切った青い空。此所は標高三千四百メートルのインカ帝国の首都だった【クスコ】なのです。
バスは街を通り抜けクスコ全体が見下ろせる場所まで登ってきました。
Img_3386
ジャ~ン!!見渡す限り世界遺産の景色です。(クリックすると拡大できます)赤いレンガの建物と赤い屋根が広がります。標高は街の高台まで来ましたから三千六百メートルほど。繰り返しレクチャーを受けている高山病対策①怒らない②首を振らない③走らない を実行して居る参加メンバーですがガイドの説明に一々うなずいては「いけね〜首振っちゃ〜いけね〜んだ!」と思う我々なのです。
Img_3402
【ケンコー遺跡】
インカ時代宗教目的で使われたらしい
Img_3405
今日からスルーガイドの トモ さんです。山の案内人もやるとの事で妻の履いた靴を見てシリオの靴だ!と目ざとく見つけたのにはビックリ。
Img_3447
如何にもインカを思わせる(僕が勝手に思っているだけ)原色のグッズ。
Img_3477
カミソリの刃一枚入らない精緻さで出来た石組みの技術に驚かされますがこの後ペルー滞在中いたる所で目にするのです。下の部分しか残っていないのはスペインが攻めてきて上の部分を取り崩し新たな建物に使ったしまったのだそうです。
それにしてもなんと美しい空の色だろうか。
Img_3491
クスコの中心地に戻ってきて昼食。此所で思わぬハプニング。ウエイターがスープをお客様に掛けてしまいました。悪びれた様子はまったくありません。もしかすると出そうとした瞬間お前が動くから悪い!ぐらいに思っているのかも知れません。国民性の違いでしょうか。空港・レストラン・ホテルあらゆる所で民族音楽が奏でられて居ます。乏しくCDの売り上げに頼っているようです。
Img_3516
アルマス広場です。青い空とクスコの旗。親しみのある人々の笑顔に満ちた表情がとても和むのです。
Img_3513
カテドラル

サント・ドミンゴ教会の中に残るコリカンチャ神殿ではスペイン人の作った石組みのもろさとインカ時代の堅剛さの比較も見る価値がありました。
Img_3566
両脇石垣の道が続きます。目指すのは
Img_3585
【12角の石】
ガイドのトモさんが指さしています。
Img_3608
トイ面は土産物屋。
Img_3667
チョット小休止。ハチ鳥です。
まだまだ取り上げたい所が有るのですが、、、、、

さて、このままクスコに泊まれば移動しなくてすむのですが高度順応する為に海抜二千八百メートルの【ウルバンバ】まで下って宿を取ります。長年やってきたJTBの知恵とこのパックのグレードの高さです。グループの中で高山病で体調を崩した人が現れ始めました。僕は頭が痛いのですが時差ぼけではありません。軽い高山病だと思います。
Img_3694
カサアンティーナ
幾つもの離れに成ったリゾートホテルで贅を尽くしたとても良い環境と規模でした。
つづく

« 自然遺産・文化遺産の複合遺産 マチュピチュ ナスカ編 | トップページ | マチュピチュ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726392

この記事へのトラックバック一覧です: クスコ :

« 自然遺産・文化遺産の複合遺産 マチュピチュ ナスカ編 | トップページ | マチュピチュ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ