« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009/07/29

妻の引退

思い起こせば
「五十に成ってもまだ働かせる気?」
と言われてからも会社の経理一切を切り盛りしてきた妻が6月末で引退した。
あと三日、あと二日、あと一日と嬉しそうに言っていたので心底リタイヤしたかったようです。
心から感謝しています。
Img_5781_2
最終日会社でサプライズがあった。
立派な花束を社員からもらい、労いの言葉ももらい思わず涙。
感極まって御礼の言葉が出なかったのはよほど嬉しかったのだろう。
長い間本当にご苦労様でした。
有難う御座いました。

2009/07/23

ペルー旅行エピローグ

Img_4444
パンフレットやポスターで良く見るこの写真の位置から撮ったワイナピチュの入った全景(拡大出来ます)

ペルー出発二日前ツアコンから会社に電話が有った。「ここは会社だ!自宅に掛けろ!」とツッケンドウに電話を切り、その後解った内容はこうだ。
高山病で体調を崩す人が多い。粉末スポーツドリンクの元、お粥、乗り物酔いの薬、日焼け止めクリームを持参するようにとの事。もっと早く連絡よこせ馬鹿者!買い出しとパッキングのやり直しだ!と出だしで不愉快な思いをしたのです。

それ以外に自分で用意した物はマチュピチュは時により蚊が大量に発生するらしく虫除けとかゆみ止めを用意しましたが、一度も使いませんでした。

折しも豚インフルエンザで日本中いや世界中が大騒ぎ。1日2枚10日×2人分のマスクにウガイ薬イソジンの大瓶。さらに100枚入り除菌ティッシュと薬用石鹸等と考えつく諸々を用意したのです。

ところが大騒ぎしているのは日本だけ。機内や空港でマスクしてれば逆にイブカシゲに見られてしまいます。
ウガイも行きの飛行機内だけ。マスクも気が向いた時ほんの少しだけ。除菌グッズなど使いもしません。バッカみたい!
しかしその新型インフルのお陰でこの旅行に参加できたキャンセル待ちだった面々なのです。
「新型インフル様々だね!」と皆で喜び合ったのです。

リマに着いたその日からとても馴染めないものが有ります。
トイレです。泊まっているホテルは一流のホテルばかりですので広く清潔で水洗なのですがなんと使用したペーパーを流してはいけないというのです。それがこの国の方法でうっかり流すと詰まると言うのです。便座の横にバケツに似た入れ物が有りそこに入れるのです。ふたも有りません。これは何ともスッキリしません。証拠写真?撮りたくもない、、、、

フジモリ大統領はとても偉大だったらしく、その功績や手がけた政策は広く評価されているとの事。
暴動で越せなかった標高4,500mの峠道なども整備し舗装したり、電気の無い所にソーラー発電を付けた等数々の功績が有ったようです。

ビスタドーム号(ペルーレール)はオリエント急行とペルーの資本で運営されているそうです。しかし元々国営だったこの鉄道は以前の大統領が勝手に売り飛ばし私腹を肥やしてしまったそうでこんな話をガイドから聞くと何がおこるか解らない国と思わずにはいられません。

到着したその日から高山病対策のレクチャーが有りました。※怒らない※首を振らない※走らない※スポーツドリンクとお茶や水をたくさん飲む※腹6~7分目に徹しお酒は控える※熱い風呂には入らず出来ればぬるめのシャワーで我慢する※大きく息をユックリ三回吐いてユックリ大きく息を吸う。
折に触れときに触れこれを実行していました。忘れたりチョンボしたりは高山病のせいに出来て便利ですが・・・
我々がマチュピチュにいた時、別のJTB団体の2人が高山病で入院したと情報が入りました。日本の反対側迄行って入院はしたく有りませんから注意事項を守るが勝ち。

ワイナピチュには事前申請は要らない事が解りました。当日並んだ順400人が登れます。一番のバスで下から来ますのでサンクチャリーロッジに泊まっていてもうかうかして居られません。
年に数人が転落し帰って来ない山。バランス感覚の悪い人と高所恐怖症の人には向きません。登山靴より溝のしっかり付いたスニーカーの方が良いと山仲間から事前に聞いていました。実際登ってみてその通りと実感しました。
Img_4376
ワイナピチュから見下ろしたマチュピチュ全景です(拡大出来ます)
四方が垂直に切れ落ちた怖い山でした。

現地通貨はソルですが殆ど米ドルが使われて居ます。為替相場が激変する通貨より安定したドルを持つのが生活の知恵だそうです。

全食事付きのパック旅行でしたがその方が楽でした。酢を使う料理が多く日本人も違和感無く食べられます。同行した人が現地駐在の人と食事に出かけていましたが名物と言うか有名なネズミ料理も食べたそうです。食べてみたかったです。

南半球には何回か行きましたが南十字星を見た事がありません。と言うより見る気も無かったのですが、ウルバンバで今回初めて見ました。思い切り輝いたマイナス等級星かと思いましたが違うんですね、、、チョットガッカリしました。

ドジコンと思っていた保科君は素晴らしいツアコンでした。今回参加の皆さんは旅のベテラン揃いでしたが全員が良いツアコンだと褒めるのに時間は掛かりませんでした。
常に行きたい世界遺産No1に輝いているマチュピチュですが体力の有る若い時に行った方が良いと思いました。

締めの一枚に何を選ぼうか迷いましたが気持ちを落ち着かせるためも有りチチカカ湖の日の出にしました。
拡大出来ます。
Img_4849

2009/07/17

ペルー最終日はリマ市内観光

いよいよ最終日。
リマのホテルでは唯一マリオットだけが出す高級フルーツを是非召し上がって下さいと現地ガイドの入倉さんが言っていたのがこれ。
Img_5429
写真奥の丸く輪切りされ種がプツプツ見えているのがそれで、種がチョット邪魔でしたがキウイとスイカのアイノコの様な食感でしたが名前を忘れました。
Img_5436
切る前はどんな姿をしているのかと言うと、ダイニングに飾られているこの絵の果物と言うのですが、この小さいのがそうなんだろうな〜
それでは続きをどうぞ。

続きを読む "ペルー最終日はリマ市内観光" »

2009/07/14

チチカカ湖へ

朝、妻に起こされるまで知らずに寝ていました。
Img_4850
見事な日の出直前の朝焼けです。ロマンチックです。
それでは続きをポチッと押して下さい。

続きを読む "チチカカ湖へ" »

2009/07/10

シルスタニ遺跡

クスコに戻った我々に待ち受けていたハプニングは農民による暴動でした。

ペルーでは政治への不満があると訴える術もなくしばしば道路封鎖して要求を聞き入れてもらう手段に出るのだそうです。クスコからバスで標高4,300mのラ・ラヤ峠を約400㎞9時間30分掛けて移動予定が出来ないのです。強行突破して銃で撃たれる危険もあるとの事で飛行機で移動する事にしたのです。一人約180ドルと突然の変更は全員の承諾を取らないと変更できません。勿論全員がOK。幸いチケットも取れ、出発までタップリ時間が取れクスコ市内散策に出かけました。
Img_4549
この14角の石垣も有名らしいですが・・・僕の探していたのはもっとうんと小さい石・・・・
それでは続きをどうぞ

続きを読む "シルスタニ遺跡" »

2009/07/07

ワイナピチュに登った!

Img_4434_2
遺跡の先に有る付きもののような山ワイナピチュには事前の申請のみで登る事が出来ると思っていたのですが僕の勘違いで、当日先着受付順400人が登れるのだそうだ。それが解ったのは旅行出発2日前のツアコン保科君からの電話だった。「お連れしますよ」の言葉にどれほど嬉しかった事か。
しかし、この山の何所に道が付いているというのだ・・・・・
それでは続きをポチッと押してお読み下さい。

続きを読む "ワイナピチュに登った!" »

2009/07/03

マチュピチュ

Img_3678
朝よくよく見ると本当に素晴らしいホテルです。食事は別として、、、、
Img_3691
AM6時20分、雲の切れ目から朝日が当たり息を呑むような景色が見られました。
いよいよ今日はマチュピチュに向かいます。

続きを読む "マチュピチュ" »

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ