« ワイナピチュに登った! | トップページ | チチカカ湖へ »

2009/07/10

シルスタニ遺跡

クスコに戻った我々に待ち受けていたハプニングは農民による暴動でした。

ペルーでは政治への不満があると訴える術もなくしばしば道路封鎖して要求を聞き入れてもらう手段に出るのだそうです。クスコからバスで標高4,300mのラ・ラヤ峠を約400㎞9時間30分掛けて移動予定が出来ないのです。強行突破して銃で撃たれる危険もあるとの事で飛行機で移動する事にしたのです。一人約180ドルと突然の変更は全員の承諾を取らないと変更できません。勿論全員がOK。幸いチケットも取れ、出発までタップリ時間が取れクスコ市内散策に出かけました。
Img_4549
この14角の石垣も有名らしいですが・・・僕の探していたのはもっとうんと小さい石・・・・
それでは続きをどうぞ

Img_4560
石垣は勿論興味が有りますが、広場にでると可愛い子供達が大勢来ています。
Img_4593
10日後の6月24日開催のインティライミ祭りの練習をしていたのです。
Img_4605
可愛いですね!本番では大きな仮面を付けます。
Img_4614
この祭りに合わせるツアーも有ります。
Img_4584
街全体が世界遺産ですからマクドナルドはおなじみの色で屋外に大きく出せません。世界に此所しか無い地味な色で低い所に出ている珍しい光景を撮りました。
窓にアルマス広場が写っていて思惑通りの写真が撮れました。
Img_4657
飛行機はあっと言う間に峠を越します。(飛行時間30分)飛行機で飛び越してきて良かった!!
バスなら今頃高山病と乗り物酔いで、、、、オエッ 景色どころじゃなかっただろうな
Img_4666
チチカカ湖から流れ出る川らしいのが見えてきました。
Img_4705
フリアカの飛行場に着陸、乗ってきた機体です。
Img_4728
此所は密輸で栄えた街だそうでそんな目で見るとなにやら胡散臭そうに見えます。
Img_4734
しかし人々の顔は屈託無くカメラを向けるとニッコリ笑ってくれます。
Img_4767
街を通り過ぎ向かったのは【シルスタニ遺跡】
なんだ?この樽みたいなのは?
インカ時代より前、紀元前1000年頃の石組み技術で出来た墓場なのです。
Img_4774
トモさんの説明は相変わらず面白く自分流の注釈も混ぜながら続きます。
墓の入り口を指さして「お袋を此所に連れてきた時、上手い具合に中に入ってくれたので急いで入り口の石の蓋をしたら“どうせ私は老い先短い”とスネて出てこなかった。なだめすかしてやっと出てもらった」なんて説明をしている所です。思い返せばこの話が一番印象に残ったといったらトモさんに申し訳ないかな?
Img_4783
遺跡の目の前は【ウマヨ湖】です。
UFOを信じている連中がUFOの着陸場だと言っていて呼び寄せる儀式をしている話などが続きます。なにかそんな目で見ると如何にも着陸しそうな島だよな~。
Img_4804
フト見ると長いかげ。標高が4,000mを越すと長くなるの?そんな事は無い。。。夫婦寄り添って立ってみました。
Img_4806
墳墓は大小さまざま有りますが落雷で大きいのは崩れて居ます。
Img_4818
今日の泊まりはチチカカ湖のレイクサイドホテル【リベルタドールレイクチチカカ】です。ホテルエントランスが工事中でチョット残念。写真は夕闇迫る明るくもなく暗くもない一瞬のワンショットです。この一瞬だけを撮り続ける写真家が居るくらいですから良いタイミングでした。拡大出来ます。

妻の体調も戻り安心しました。
明日の日の出の写真が上手く撮れる事を期待して 早めに寝よ~ッ!!
今日末尾の写真は上記写真とほぼ同じ場所から撮ったチチカカ湖に写る夜景ですが三脚無しですので少しブレています。
Img_4842
つづく

« ワイナピチュに登った! | トップページ | チチカカ湖へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726381

この記事へのトラックバック一覧です: シルスタニ遺跡:

« ワイナピチュに登った! | トップページ | チチカカ湖へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ