« チチカカ湖へ | トップページ | ペルー旅行エピローグ »

2009/07/17

ペルー最終日はリマ市内観光

いよいよ最終日。
リマのホテルでは唯一マリオットだけが出す高級フルーツを是非召し上がって下さいと現地ガイドの入倉さんが言っていたのがこれ。
Img_5429
写真奥の丸く輪切りされ種がプツプツ見えているのがそれで、種がチョット邪魔でしたがキウイとスイカのアイノコの様な食感でしたが名前を忘れました。
Img_5436
切る前はどんな姿をしているのかと言うと、ダイニングに飾られているこの絵の果物と言うのですが、この小さいのがそうなんだろうな〜
それでは続きをどうぞ。

朝からゆっくり出来ません。と言うのはツアコン保科君が希望者を24時間営業のスーパーに案内すると言うのです。一通りの物が揃っていましたが内部は撮影禁止。
Img_5442
内部の一部ですが外の階段越しに撮った一枚です。
Img_5461
一端ホテルに戻りました。リマの朝は海流の関係で霧が出る事が多いそうです。ウオーターフロントは良いですね、夜とは違った景色が広がっていました。
Img_5491
現地ガイドの案内で初めに向かったのは【元日本大使館跡】。そうです、銃撃戦のあったあの大使館ですが今は塀だけが残されていました。大邸宅で贅沢に暮らしていた政府関係者や企業戦士の日本人達はその後マンションに住む様になったとの事です。
Img_5506
【アルマス広場】に来ました。この辺りの歴史地区は世界遺産です。
Img_5509
市庁舎
Img_5545
「写真撮らせて」と言ったら立ち止まってニッコリ笑ってくれた婦人警官。
Img_5555
美しい木造のバルコニーがある大司教宮殿と白い建物はカテドラル。
Img_5573
曾てフジモリ大統領などがひょっこり呑みに来たと言うバー。
Img_5569
中はこんなです。撮らしてもらっちゃって良いの~?
Img_5587
国会議事堂近くなので装甲車もありました。
Img_5593
サンフランシスコ教会。
Img_5609
中はとても綺麗でした。
Img_5621
一般市民の生活は決して裕福には見えません。狭い所にひしめき合う住宅。街を外れるとろくに屋根もないような家ばかりです。
Img_5633
【黄金博物館】です。内部は撮影禁止。インカ時代の秘宝から近代までありとあらゆるものが種種雑多と展示されていました。日本のインカ展でも感じた事ですがインカの人々は素晴らしい才能と右脳人間集団だったと改めて感じました。
Img_5651
昼食会場はホテルの目の前。海に突き出した洒落たレストランで海鮮料理。
Img_5696
海鮮前菜盛り合わせ。どれも美味しかった~!
Img_5704
僕はメインにパエリアをチョイス。スペインに占領されていたこの国ではきっと美味いだろうと思ったのですが辛い辛い!
Img_5719
デザート
窓の外ではサーファーが盛んに波を捉えていました。そんな光景を見ながら和気あいあい楽しい話に花が咲いた昼食で、いい人達ばかりでとても良かった旅もそろそろ終わりに近づきました。
Img_5747
遅い昼食後向かったのはここ。【天野博物館】では故天野芳太郎さんが見向きもされず荒らされていたインカ時代やそれ以前の土器や織物を私財を投じて収集した価値ある収蔵品を日本人留学生の解説付きで見ました。よくぞ集めてくれた日本人の先駆者!とエールを送りたいと思います。(館内撮影禁止)

ホテルに戻りデイユースされた部屋でパッキング。夕食は部屋に届けられた日本食です。期待していなかったのですがこれが結構食べられました。
20時30分チェックアウト。ホリへチャベス国際空港は翌日真夜中テイクオフ。
Img_5766
ロスでJAL乗り換え無事帰国。あっと言う間の10日間でしたが実り多い旅でした。
後書きに続く

« チチカカ湖へ | トップページ | ペルー旅行エピローグ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726377

この記事へのトラックバック一覧です: ペルー最終日はリマ市内観光:

« チチカカ湖へ | トップページ | ペルー旅行エピローグ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ