« マチュピチュ インカ橋を追加 | トップページ | 鰻と丑の日と温泉 »

2009/08/06

天狗山〜男山

Img_5983
7月25日『面白い山・二度と行きたくない怖い山』と評価の別れる山に登りました。
写真の花は シモツケ で今日歩いた尾根に コッチですよ!コッチですよ!と道案内する如くずっと咲いていました。
それでは続きを読むをクリックしてお読み下さい。

Img_5803_2
参加者が15名と少なく今日はマイクロバスだった。山口県では集中豪雨で大変な騒ぎになっている最中の行事で雨が心配ですが野辺山を走る頃から【男山】の雄姿を見る事が出来ました。
Img_5814
馬越峠に到着、準備運動をして出発。【天狗山】まで約1時間と書いてあります。
Img_5816
いきなり急登が続きますが登山道は腐葉土が積もりフカフカして歩きやすい。
Img_5828
およそ30分でこの縦走路の特徴である岩尾根が現れる。
心配していた雨も降る気配はまったく無く陽も差して明るい。
石楠花やミツバツツジも岩に寄り添うように有り花の時期は綺麗だろうと想像する。
Img_5831
眼下にはレタス畑が広がっています。
Img_5851
岩の壁や固まりを乗り越したりよじ登ったりして油断は出来ません。
風と雪のせいだろうか松がクネクネと曲がり背が低くなっている。
Img_5868
緊張と楽しさで時間の事などまったく気にする間もなく頂上に到着しました。
小さなお社が有りました。
Img_5871
【天狗山1881.9m】は狭い頂上です。
晴れて居れば八ヶ岳や南アルプスも見えるはずですが、残念!今日は見えません。天気図からすれば降られないだけでも幸せと思います。この先行く男山方面もガスに隠れていますが不思議な事にこの山の頂上は明るく晴れて居るのです。15分ほどの小休止で出発。
Img_5877
下りも岩尾根です。
Img_5885
緊張の連続が続きます。まるで屏風の上を歩いている様な感じです。木が伸びる以前は右も左も断崖絶壁で今の怖さなんて問題ではなかったと思います。
Img_5891
登ったり下ったりの繰り返しです。
実は自称従軍カメラマンと言っている私ですが写真撮るのも怖いです。撮っている横を通過するとき僕の体にぶつかったりよろめいて押されでもしようものなら僕は真っ逆さま(;O;)
Img_5903
やがて岩もなくなり、緩く広い尾根になりました。迷う事もない一本道ですが要所には標識もありました。
隊列から離れて“キジ打ち”(猟師が山でキジを撃つ時は茂みの中にしゃがんでキジの現れるのを待って撃つ。山の用語では別の意味に使われる)の為に林に分け入ったのですが、メロンの網のような立派な獣道がに有りました。実はこの山で親子連れの熊に遭遇した話もあり列を離れるのはチョット怖いのです。
Img_5909
ダケカンバや白樺の混在する自然林になると間もなく
Img_5912
【垣越山1,797m】に到着。国土地理院の地図は無名です。
此所で大休止を取りました。展望はまったく利きません。
Img_5919
再び岩尾根が続きます。
Img_5927
慎重に足元を見て!
Img_5952
いくつかの大きな岩頭超えや小さなポコを乗り越しながらさらに先へ進みます。危険ですが展望のよい面白い道です。
Img_5966
振り返れば先ほど乗り越してきた天狗山がポッコリと顔を出しました。天気予報が奇跡的に良い方に外れました。今日は雨女が居ないようです。なに?雨男?そんな単語はね~んじゃね~の?
Img_5972
御所平方面の分岐まで来ました。此所にザックをデポして男山に向かいます。
頂上直下の岩場で今日初めて子連れ4人パーティーとすれ違いました。御所平から男山だけピストン登山だそうです。
Img_5980
【男山1,851.3m】山頂です。
遠くの山は雲に隠れています。残念、、、
Img_5987
岩の露出した鋭い山でした。
ほんの少し雨が舞い落ちてきました。降られる前に下りよう!下りよう!!
Img_6003
御所平分岐まで戻り急な唐松林の中をひたすら下ります。
Img_6007
男山が見えます。やがて林道に出ましたがそれからも長~い道程。
Img_6012
やっと御所平登山口に到着。
Img_6017
乗ってきたマイクロバスは登山口に迂回して有ります。
Img_6022
仕上げは“おいしい学校香りの湯” (沸かしハーブ湯:須玉町)でサッパリと汗を流し、女性達は新鮮な農産物を沢山買い込み 静岡へ~!!!!!
面白い山だった~。。。coldsweats01

参考タイム 馬越峠登山口出発9:30→天狗山10:42→垣越山12:02→男山御所平方面分岐1:36→男山1:42→林道出合い2:30→御所平登山口3:35

« マチュピチュ インカ橋を追加 | トップページ | 鰻と丑の日と温泉 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726364

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗山〜男山:

« マチュピチュ インカ橋を追加 | トップページ | 鰻と丑の日と温泉 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ