« iPod nanoその後 | トップページ | 厨 くりや »

2009/09/25

高見石

Img_7356_3
せっかくの連休だというのに墓参りや松坂屋に妻の刺繍展出品作品を搬入するため旅行も諦めた。
とは言っても家でジッとしていられない。高原の美味しい空気を吸って温泉を楽しもうと典型的な登山初心者コースの【高見石】に登った。写真は白駒池。
続きを読むをポチッと押して美味しい空気を吸いにお入り下さい。


お茶と少々の嗜好品だけ持ち、いつもは素通りする山小屋を使った今風登山の良さを妻にあじあわせる魂胆も有り徹底的に荷物を減らした。
諏訪ICを出てメルヘン街道を麦草峠駐車場に向かう。8時20分だと言うのに駐車場は満車。街道を少し東進した路肩に車を止めて
Img_7206_2
先ずは麦草ヒュッテで“珈琲ブレーク”と考えられないような行動からスタート・・・・・
ところが八ヶ岳PAで缶コーヒーを飲んでしまった妻は飲みたくないと言う。せっかくの魂胆がいきなり番狂わせ。
Img_7201_2
抜けるような澄んだ空と美味しい空気の出迎えです。五感を澄ませノンビリユックリ歩くとしよう。
Img_7207_2
振り返れば茶臼山も見える。今日は大勢登っている事だろう。
Img_7212_2
道は広く整備され登りやすい。しかし、登るにつれて岩ゴロ道に変わる。
Img_7220_2
わざわざ此所に苔の写真を撮りに来る人が居るくらいだから流石に苔が多い。
Img_7224_2
樹にもベッタリと付いている。
Img_7240_2
途中2回小休止し,【丸山2,329.6m】に到着。小さなお社が有り東から南方向が開けている。 Img_7254
縞枯現象の起きた頂上ですが明るく気持ちが良い。
お茶や少しの御菓子を食べてノンビリと過ごす。ホホに当たる風が何とも気持ちいい。
二組のパーティーが追い越していった。
此所から高見石までは上り下りはほとんど無い。
Img_7258
白駒池駐車場から直接登ってくる道と出合う。
Img_7263
高見石小屋に到着。ザックを置かせてもらいペットボトルをポケットにねじ込んで【高見石】によじ登る。
Img_7264
見えた!白駒池だ!これだけ見事に見えるのは何と恵まれた事か。サア思い切り深呼吸して美味しい空気を胸一杯吸い込みましょう!
登ってくる人達の嬉しそうな顔顔顔。みんな歓声を上げています。オットット見とれて岩の間に落ちないようにね!
チョット気の早い唐松が少しだけ色づいたか?一ヶ月もすれば黄金色に輝く唐松の紅葉に覆われた白駒池を見る事が出来るはず。
Img_7271
茶臼山と縞枯山、さらにその先左側に蓼科山、その又奥に後立山だろうか。
Img_7283
高見石小屋の先は乗鞍か上高地方面?とにかく素晴らしい景色を堪能しました。
登山者ウォッチングをしていると初心者コースだけ有ってさまざまな人が来ます。バリバリの山屋・スニーカーにGパン・ジジババと孫・タイツにスカート!(゚゚;)エエッスカート?これにはビックリ。
Img_7268
さて、もう一度白駒池を見て小屋に戻ろう。
Img_7307_2 小屋に戻ってラーメン¥780を注文。小屋で食べるラーメンにしては味は上々。町の食堂と同じようなメニューがありました。
山小屋の食事をノンビリ楽しみながら食べている間も次々登山者が来ます。
さて、下山するか。

Img_7331
こちらからも大勢登って来ます。苔の写真を撮りながらノンビリ下ります。
Img_7341
池に到着。振り返って下って来た道を撮っています。
Img_7347
見事な青い空と池の深い青さ!紅葉の時期はアマチュア写真家でベストポイントが占領されます。
Img_7361
白駒荘まで来ると観光客でごった返しています。妻がきのこ汁¥600が食べたいとの事で注文しました。

何だこれは?茸じゃなくて茄子ばっかり、、、 これじゃ茄子汁だよ

Img_7375池からは広く平らな道が駐車場に続きます。

途中から分かれて白駒の奥庭があります。

木道が整備されています。此所もあと一ヶ月したら見事な紅葉が見られるはずです。

Img_7386
面白い形の樹がありました。
Img_7398 Img_7402
麦草ヒュッテに到着。
今度こそ珈琲だ!パウンドケーキとコーヒーのセット¥680で今日の締めくくり。
全てノンビリムードで過ごしたこんな登山も初めてですが良いもんです。心のリフレッシュが出来た大満足のトレッキングでした。(^<^)。
帰宅途中農産物と果物をしこたま買い込みました。予定の小淵沢で遊んで帰るぅぅ・・オイオイ時間がなくなっちゃったよ!温泉だけ入って遅い夕飯は静岡に帰ってからとしよう。

参考タイムと(参考になりません)末尾は歩いたコース。
麦草ヒュッテ出発8:30→丸山9:40→高見石10:08 出発11:08→白駒池11:49 出発0:15奥庭0:26→麦草ヒュッテ0:53
Takami1

« iPod nanoその後 | トップページ | 厨 くりや »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726325

この記事へのトラックバック一覧です: 高見石:

« iPod nanoその後 | トップページ | 厨 くりや »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ