« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/28

西臼塚の紅葉

9p7t7621
 西臼塚周辺が紅葉の見頃を向かえているらしい。天気予報も晴れだという。
よし行ってみるか!と、10月24日出かけたものの天気予報は大はずれのドン曇り。
途中寄り道し現地には10時到着。幸い富士山は見えているものの写真を撮るような状況ではない。
さらに悪い事に雪も解けてしまい真っ青な富士山では様にならない。

時間つぶしに新五合目まで登る事にしました。

続きを読む "西臼塚の紅葉" »

2009/10/26

政権交代と不思議

 政権が交代し天下りや政治献金さらには消えた年金も国民の期待に添った内容で進んで行く事を誰もが望んでおります。
とは言うものの公約通り直ぐ出来ないのは当たり前で先延ばしする公約が出ても仕方ないと思っているはずです。ただし、自民党のように先伸ばしたらそれっきりにしないで期限を切って延ばしてもらいたいと切に思うのです。

さて、異物の亀大臣が首をフリフリ郵政民営化を見直すと言っている。
あろう事か社長を交代させ何と官僚を就かせた。しかも渡りだ。
チョット待った!!
オカシイじゃないか!!

郵政民営化は国民の総意だろう!
圧倒的に支持されて小泉内閣は民営化を断行した。
なのにそれを元に戻すのは民意ではない。
以前郵便局では 僕「領収書を下さい」〒「そこにあるから自分で書いて」僕「バカヤロ!お前が書いてお客様に有難う御座いましたと頭を下げて渡すのが領収書だ」と何回言ったことか。
何度も書きましたが僕はバリバリの自民党です。それが民主党に今回投票したのは冒頭に書いた天下り・献金・年金を公約通りやってもらいたいからだ。
この際天下り先も徹底して解体しないと何時までも税金をつぎ込まなくてはならない。これを早くつぶさなくちゃ。
予算が大幅に膨らんでカットカットの大合唱のようです。無駄な事業特に自民党族議員が絡んでいるのは徹底して無くしてしまおう。
しかしおかしいんだよな~
議員歳費(議員報酬)と議員定数半分に減らし議員年金廃止の話が何にも出てこない、、、
これを真っ先にやれば国民も少々のことは我慢するのに。

ついでにもう一つ。
社民党が大臣になるのもおかしな話だ。
何が「憲法を守る」だ。
村山冨一が総理になった時、憲法違反と言い続けてきた自衛隊と言う名の軍隊を初めて海外に派兵した。
何を今更「自衛隊は憲法違反だ」なんてヌケヌケと。村山冨一がやったことをどう説明するのだ。説明どころかホッカブリしたまま。こんな社民党が生き延びているのが不思議で成らない。

2009/10/23

長浜へ

 翌日18日、朝食を済ませて向かったのは長浜です。
9p7t7457
続きをお読み下さい。

続きを読む "長浜へ" »

2009/10/21

近江八幡へ

9p7t7249
 10月16日、業界の全国大会で名古屋へ。
不景気で多い時は550名も参加していたのが今年は350名です。組合を脱退する会社にも歯止めが掛からない状態で早く景気が回復してくれないと大変な事になりそうです。

翌日レンタカーを借りて気心の知れた同業者と観光旅行をしました。
向かうは【近江八幡】
それでは続きをどうぞ。

続きを読む "近江八幡へ" »

2009/10/19

今年もおでんフェスタへ

 10月11日日曜日、おでんフェスタに行きました。
Img_7998
いきなりマネキン?い~え違います。
Img_8010
練り製品で有名な“蒲菊本店”では黒はんぺん(チャキチャキの静岡弁ではハンベと言う)のフライを買いました。醤油やソースを付けて食べる人も居ますが何も付けずに食べました。美味かったです。静岡では白い半平は白半平と言わないと通じませんしあまり見かけません。
Img_8017
列の長さで人気度が解ります。一番人気は“おがわ”
Img_8023_2
人気を二分する“海ぼうず”でおでんを買いました。
Img_8031
5時間煮込んだ半熟玉子のおでんは評判通り旨いです。勿論ハンベもね。汁が黒く味がしみ込んでいるおでんでないと静岡おでん(静岡弁でシゾーカおでん)ではないと静岡っ子は思って居ます。おでんにダシコをドバッと掛けるのも特徴ですがこれはチョット少ないよ~
Img_8036
駿府公園まで足を伸ばしました。家康お手植えのミカンが小さな実を付けていました。網のフェンスで囲まれてしまい自由に実を取る事は出来ません。
僕はこの中にあった城内中学校卒業です。運動場の丁度中央に有るお手植えのミカンはその当時自由に取って食べる事が出来、生徒誰もが一度や二度は採って食べましたがとても渋いミカンで見向きもされなかったものです。
この日城内でけやきライオンズクラブが17時間マラソンをしていました。
Img_8063
城内の花壇で一枚
P1000006
この日の夕刻静岡ヘリポート横で見かけた夕焼け。写メで撮った一枚です。
写メも500万画素にも成るとキャビネ判ぐらいまでは何も悪くないですね。

2009/10/14

瑞牆山 2,230m

Img_0284
奥秩父山群の西のはずれ、奇岩怪石の特異な名峰。全方位絶景の秋色岩舞台。
と立派なお題目が飛び交う名峰【瑞牆山 みずがきやま】に登りました。

冒頭の写真は2003年11月2日、曾て植樹祭が行われたみずがき山自然公園から撮った写真です。
続きを読むをクリックして下さい。

続きを読む "瑞牆山 2,230m" »

2009/10/08

尻当て 

山学会に入って居たころの必需品に“尻当て”が有った。
自分の尻の部分に当てる動物の皮で出来た座布団みたいな物だ。一方に紐が付いていて腰に縛り行動中は絶えずぶら下げたまま。これが実に便利。死ぬほど苦しい行軍をしているので小休止の号令と同時に倒れ込むように座る。苔の上だろうと雪の上だろうと濡れた土の上だろうとガレ場の石の上だろうとお構いなし。動物の毛はすばらしく、立てば毛に着いたものは落ちてしまう。時には雪渓で尻セード(注※1)するのに都合よく使える。そんな便利な尻当てを昔は山屋と言われるような猛者の殆どが愛用していた。
最高級品はカモシカの皮。貧乏な僕はケンピだ。エ?ケンピッてなに?犬の毛です。その後チョットお金が出来てムートンラムのなめし皮を一枚買いして4人で切り分けした。
とても重宝に使っていましたが婚約と同時に山屋は廃業。その後はもっぱら行楽の時の座布団代わり。
2003年突然山登りを再開。さらにその後静岡ワンダーホーゲルに入会。ダメに成らずに残っていたラムの尻当てを本来の目的で再び使い始めた。しかし時代はすっかり変わりダサイ尻当てなど使う人も居ません。使う人は居なくても僕にとってはとても重宝なグッズ。珍しがられながら便利に使っていました。しかし昨年暮れ、ラムの尻当てはボロボロになり、再びケンピのお出まし。それも先月雨の中の東天狗ですっかりボロボロ。

尻当て三代目を工面しなくちゃと出かけたのは松坂屋デパート。
幸い座布団大のムートンの敷物を見つけ、これに腰紐を縫い合わせた。出来たのがこれ。(小さな切れっ端を幾つも縫い合わせてある。正確な金額は忘れましたが千円台。五六回使ってダメに成っても安いもんだ!)
Img_7651
背広を脱いで装着し写真を撮りました。山の格好でないと様に成りません、、、weep

注※1 尻セード
 雪や雪渓の上でお尻を付け前に出した両足で方向やブレーキ操作をする。(漢字だと尻制動)
 ピッケルを使った方法は『グリセード』と言い本格的な登山技術の一つ。雪渓をピッケルの石突を後方雪面に付け膝と腰を少し曲げ登山靴で方向操作をしながら滑り下る。これがけっこう大変でなかなか上手くできない。失敗して転べば顔面制動で顔は血だらけ。ピッケルがお腹に刺さって死亡や目を付いて失明なんて事に成りかねなくて怖い。緩い斜面では出来ないし急斜面では滑落死してしまうのでやれる雪渓は限られる。

2009/10/05

鮨庵さいとう

Img_7601
ウォーキングの後は沼津まで戻って以前ブログで紹介した“さいとう”で鮨。
沼津魚市場の一角にあります。
Img_7594
店内はカウンターと椅子席があります。

妻は店長お任せを注文。以前来た時えらく美味しかったからが理由だそうです。

ウニと言えば軍艦巻きですがこの店は握りで出すと聞いていたので僕はいきなり注文。
Img_7585
これです。想像と違いました。シャリが硯石のように凹ませてありそこにウニを入れるのだと思って居ました。
ハッキリ言ってとても食べづらいです。
Img_7591
子持ち昆布ですがビックリしました。
1センチも有ろうかという厚さ。昔は当たり前でしたが最近は薄っぺらく成って・・・久しぶりにぶ厚い子持ち昆布にお目にかかる事が出来ました。
さらに驚いた事が有ります。シャリが赤茶色して居ます。
オカカの混ぜご飯(勿論酢飯)です。チョット味が付いたシャリもなかなかのもの。
握りが小さいのは小握りにしてもらっているからです。
その他いくつか食べましたが美味しいです。
写真がヤケに黄色ですが太陽光線のまま撮ってしまった事と、やっぱりカメラの何処かがおかしくなっています。

2009/10/01

花&てくもぐウォーク土肥

Img_7497_2
 9月27日、この時期には珍しいのですが“花&てくもぐウォーク”に参加しました。
毎週のように出かけていて少しは家に居ようかと思ったのですがおもてなしの「ところてん」につられての参加です。

続きを読む "花&てくもぐウォーク土肥" »

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ