« 長浜へ | トップページ | 西臼塚の紅葉 »

2009/10/26

政権交代と不思議

 政権が交代し天下りや政治献金さらには消えた年金も国民の期待に添った内容で進んで行く事を誰もが望んでおります。
とは言うものの公約通り直ぐ出来ないのは当たり前で先延ばしする公約が出ても仕方ないと思っているはずです。ただし、自民党のように先伸ばしたらそれっきりにしないで期限を切って延ばしてもらいたいと切に思うのです。

さて、異物の亀大臣が首をフリフリ郵政民営化を見直すと言っている。
あろう事か社長を交代させ何と官僚を就かせた。しかも渡りだ。
チョット待った!!
オカシイじゃないか!!

郵政民営化は国民の総意だろう!
圧倒的に支持されて小泉内閣は民営化を断行した。
なのにそれを元に戻すのは民意ではない。
以前郵便局では 僕「領収書を下さい」〒「そこにあるから自分で書いて」僕「バカヤロ!お前が書いてお客様に有難う御座いましたと頭を下げて渡すのが領収書だ」と何回言ったことか。
何度も書きましたが僕はバリバリの自民党です。それが民主党に今回投票したのは冒頭に書いた天下り・献金・年金を公約通りやってもらいたいからだ。
この際天下り先も徹底して解体しないと何時までも税金をつぎ込まなくてはならない。これを早くつぶさなくちゃ。
予算が大幅に膨らんでカットカットの大合唱のようです。無駄な事業特に自民党族議員が絡んでいるのは徹底して無くしてしまおう。
しかしおかしいんだよな~
議員歳費(議員報酬)と議員定数半分に減らし議員年金廃止の話が何にも出てこない、、、
これを真っ先にやれば国民も少々のことは我慢するのに。

ついでにもう一つ。
社民党が大臣になるのもおかしな話だ。
何が「憲法を守る」だ。
村山冨一が総理になった時、憲法違反と言い続けてきた自衛隊と言う名の軍隊を初めて海外に派兵した。
何を今更「自衛隊は憲法違反だ」なんてヌケヌケと。村山冨一がやったことをどう説明するのだ。説明どころかホッカブリしたまま。こんな社民党が生き延びているのが不思議で成らない。

« 長浜へ | トップページ | 西臼塚の紅葉 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726311

この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代と不思議:

« 長浜へ | トップページ | 西臼塚の紅葉 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ