« 近江八幡へ | トップページ | 政権交代と不思議 »

2009/10/23

長浜へ

 翌日18日、朝食を済ませて向かったのは長浜です。
9p7t7457
続きをお読み下さい。

市営駐車場より私営の方が安いとは驚きましたが首尾よく駐める事が出来ました。
初めに向かったのは【大通寺】。冒頭の写真です。
空は青いし空気は綺麗で気持ちのよい旅行日和です。
9p7t7456
ながはま御坊表参道で、突き当たりが大通寺山門です。
あっちを覗きこっちで冷やかしブラブラする事しばし。
9p7t7471
【黒壁スクエア】まで来ました。人の極力居ない時を狙った一枚です。
この一角が観光の中心地で関西弁のルツボでした。
9p7t7474
同じ場所から撮っています。写真左奥が商店街で観光客でいっぱいでした。
僕の立ち位置の背中側に【黒壁ガラス館】が有ります。明治33年に建てられた建築物だそうですがお客さんが多くて足の踏み場もありません。早々に退却しました。
9p7t7479
店を覗いて冷やかすのも良いですがこんなのを見つけた時の方が嬉しいです。
9p7t7489
商店街の一角ではコミュニティーFMらしいのが実況中でした。
9p7t7494_2
チョット洒落たお煎餅やさんです。
9p7t7498
長男が小学校の時お城に凝っていました。
その時以来の【長浜城】です。
9p7t7516
今日も琵琶湖がスッキリと見えません。
9p7t7520
駅の直ぐ近くに有る郷土料理屋“成駒屋”に入りました。
9p7t7533
郷土名物“焼鯖そうめん”を注文。取り立てて褒めるような物でも有りません。元々焼鯖は嫌いではありませんが好きと言うほどの物でも有りませんから。
フナ鮨に挑戦しようと思ったのですが一切れでは出せないらしく一匹丸ごと五千円だそうで諦めました。土産物屋には真空パックされたのが八百円くらいで売っていましたが痩せこけた小さな鮒でしたのでそれを食べて僕のすり込み印象が悪くなってはまずいと思いやめたのです。

レンタカーを名古屋で返し、新幹線で帰省。チョット中途半端な旅でした。

« 近江八幡へ | トップページ | 政権交代と不思議 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長浜へ:

« 近江八幡へ | トップページ | 政権交代と不思議 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。