« 瑞牆山 2,230m | トップページ | 近江八幡へ »

2009/10/19

今年もおでんフェスタへ

 10月11日日曜日、おでんフェスタに行きました。
Img_7998
いきなりマネキン?い~え違います。
Img_8010
練り製品で有名な“蒲菊本店”では黒はんぺん(チャキチャキの静岡弁ではハンベと言う)のフライを買いました。醤油やソースを付けて食べる人も居ますが何も付けずに食べました。美味かったです。静岡では白い半平は白半平と言わないと通じませんしあまり見かけません。
Img_8017
列の長さで人気度が解ります。一番人気は“おがわ”
Img_8023_2
人気を二分する“海ぼうず”でおでんを買いました。
Img_8031
5時間煮込んだ半熟玉子のおでんは評判通り旨いです。勿論ハンベもね。汁が黒く味がしみ込んでいるおでんでないと静岡おでん(静岡弁でシゾーカおでん)ではないと静岡っ子は思って居ます。おでんにダシコをドバッと掛けるのも特徴ですがこれはチョット少ないよ~
Img_8036
駿府公園まで足を伸ばしました。家康お手植えのミカンが小さな実を付けていました。網のフェンスで囲まれてしまい自由に実を取る事は出来ません。
僕はこの中にあった城内中学校卒業です。運動場の丁度中央に有るお手植えのミカンはその当時自由に取って食べる事が出来、生徒誰もが一度や二度は採って食べましたがとても渋いミカンで見向きもされなかったものです。
この日城内でけやきライオンズクラブが17時間マラソンをしていました。
Img_8063
城内の花壇で一枚
P1000006
この日の夕刻静岡ヘリポート横で見かけた夕焼け。写メで撮った一枚です。
写メも500万画素にも成るとキャビネ判ぐらいまでは何も悪くないですね。

« 瑞牆山 2,230m | トップページ | 近江八幡へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726315

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もおでんフェスタへ:

« 瑞牆山 2,230m | トップページ | 近江八幡へ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ