« 富士屋ホテルと法師温泉長寿館 | トップページ | 若ゑびす に行く »

2009/11/05

大道芸ワールドカップ 2009

9p7t7817
大道芸ワールドカップ2009に今年は1日3日と二日行きました。
11月1日は9時40分に到着。
Img_8155
特設有料会場前は既に多くのお客さんが並んでおります。ここに入れば次々にパホーマーの演技を見る事が出来ますが撮影禁止です。
Img_8163
会場の外は撮影が出来て無料です。ただし投げ銭をあげるのがマナーです。
9p7t7691
毎年子供達に人気のクラウンです。

人垣が出来て思うように見られませんが望遠レンズで撮った演技の幾つかです。
9p7t7703
イエンタウンフールズ
とてもコミカルで笑えました。
9p7t7744

9p7t7751
上海雑伎団だそうです。
9p7t7787
とても可愛らしかったです。演者?
9p7t7804
カロリーネシュレック ドイツ
水中メガネ付けてフインを付けて空中で泳いでいる演技らしいですが詳しく解りません。
エッ?もっと寄った写真はないかって?有りますよ。出しましょうか!!
9p7t7879
女性との競演でした。演者?
9p7t7930
銅賞の ル・テニス フランス
9p7t7967
銀賞の デュオポスペロフ ウクライナ
9p7t7986
アメリカ人のデビットラムゼイ
日本語が達者でフアンが多い。名乗り出た子供に皿回しと風船を廻させている所です。
9p7t8006_2
ローラ&ホセへンリー コロンビア
この手の空中演技は体力勝負。
9p7t8042
丁度終わる所で角度の悪い所から撮った一枚。
今年の世界チャンピオンは「プリンセスエレイン」だそうだ。
残念ながら遭遇しなかった、、、、
最後に楽しいピエロ達の表情で締めくくろう。
9p7t7825

9p7t7834

9p7t7861

9p7t7832

9p7t7823

« 富士屋ホテルと法師温泉長寿館 | トップページ | 若ゑびす に行く »

おすすめサイト」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726300

この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸ワールドカップ 2009:

« 富士屋ホテルと法師温泉長寿館 | トップページ | 若ゑびす に行く »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ