« 忘年会は熱川へ | トップページ | 静岡県草薙総合運動公園 »

2009/12/14

忘年会は熱川へその2

Img_8998
 今日は朝から青空が広がり宿の窓を開けてビックリ。
目の前に岡本ホテルが有り大きな垂れ看板にお一人8,800円~とある。我々は三倍以上の料金で泊まって居るのだから玉翠館もやりにくいだろうと思います。
今日最初に向かったのは了仙寺です。
続きをクリックして下さい。

Img_9011
支部長は了仙寺に行った事がないしガス灯のあるペリーロードも知らないとの事で仕方なく来た訳です。他の連中は何度も来ているし男だけで見に行ってもおかしくもないと聞こえるように大きな声で顔は笑って・・・
宝物館はパスしてその代わり支部長にはお吉さんに合わせてやろうと歩いて宝福寺へ。
Img_9030
唐人お吉記念館は菩提寺宝福寺に有ります。
Img_9035
19歳(安政6年)の時の写真だそうです。後で色を付けたんでしょうが綺麗ですね。支部長なんかコメントを!
Img_9085
右は40歳(安直桜時代)と説明書きが有ります。支部長なんか一言・・・
Img_9038
お吉の墓ですが支部長が丁寧に拝んでおります、、、ねえ、なんか言って!
Img_9045
元はこの墓だったのをあまりにみすぼらしいからと水谷八重子が立派な墓を寄進したのだそうです。お骨も丁寧に拾い上げて移したそうです。
所でお吉をハリスの元に行かせるに付き25両払って説得したそうです。当時の25両がどのくらいの価値だったのか見当も付きません。物知りの一人が「銭形平次が年3両でそこから手下の給金も払っていた」と言っています。ホントだとしたら並外れた金額です。
支部長!何かコメントを!「ウン、いい女だ。ハリスが羨ましい」・・・・・・・・・

今日は支部長のワガママがまだ続きます。行った事がないから長八美術館に行きたい!ハイハイ仰せに従いお連れいたします。
Img_9094
長八美術館です。支部長はホントに来た事無いの?
Img_9108
有名な 富嶽 です。撮影禁止かどうか?思い出せません。
Img_9137
来た序でに重要文化財 岩科学校もお連れしましょう。
Img_9146
昼食は私がご案内しましょう。このブログでも取り上げている 小邨(こむら)です。
Img_9152
もり
Img_9158
田舎 です。何度も書きますが此所のオヤジさんは翁で修行してこの地で店を出しています。
支部長お味は如何ですか?
ウン、ウメ~
なんだそれだけ?
と、まあこんな調子で今年の忘年会は無事終了。
新年会は僕が幹事だ、冥土の土産になりそうな所につれて行くぞ!!

« 忘年会は熱川へ | トップページ | 静岡県草薙総合運動公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726266

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会は熱川へその2:

« 忘年会は熱川へ | トップページ | 静岡県草薙総合運動公園 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ