« 沖縄の旅 本部半島編 | トップページ | 再び世界遺産 »

2010/02/26

沖縄の旅 完結編

今日は帰国、、、? 此所は国内でした。そう思うほどチョットした外国気分にさせてくれた沖縄の旅でした。
9p7t3066
朝食は和食にしました。
それでは続きを読むをクリックして下さい。

9p7t3093
天気予報は曇り。曇り空もまた良し。
妻は朝からスパに、僕は一度も入らなかった部屋のバスに浸かってユラックスです。
9p7t2389
チェックアウトしバトラーに車を回させホテルを後に。温泉旅館と違い手を振る者もお辞儀をする者も居なく淋しい別れでした。

席が取れているか不安の方が大きくなり途中の観光無しにレンタカーを返し空港に向かいました。
9p7t3108
3時間前に到着してしまいましたがその甲斐有って席は確保できました。
1日1便しかないのは困りますね。空席が有れば早い便で帰るとか、席が無いから次の便で帰るなんて事が出来ません。
Img_9496
困った事が起きました。静岡空港は天候不良で着陸できるか解らない、飛べても名古屋か羽田に降りる趣旨のことをアナウンスし続けています。小さい飛行場は問題も多い事を実感しました。
Img_9519
10分遅れでテイクオフ。ずっと雲海の上を飛び続けました。
Img_9529_2
席はプレミヤクラスのすぐ後ろ、つまりエコノミーの最前列です。この席は目の前が壁で足を伸ばせなくてチョット窮屈です。何所に向かって飛んでいるのか途中の案内は一切有りません。羽田や名古屋で降ろされたら静岡まで帰り更に空港まで車を取りに戻らなくては成りません。その費用は誰の負担なんだ!なんて考えながらのフライトです。駐車場に何日駐めても無料は良いですが他所に降りちゃうと困りますね。
Img_9550
着陸20分前、目の前のTVに突然映し出された現在位置。どうやら名古屋を過ぎ遠州灘沖を静岡に向かっているようです。しかし、案内は何もありません。
Img_9563
途中の遅れを取り戻し小雨降る富士山静岡空港に定刻着陸。ヤレヤレ助かった~。

素朴な疑問が残りました。行きの飛行機では沖縄黒糖の飴が配られました。理屈なら帰りは当然茶飴ですよね、、、それが配られないんだよぉ、、、お得意様に進言しよう!

末尾の写真は海上から見たサミット会場とザ・ブセナテラスです。
右側がホテル・中央が海中展望塔・小さな屋根が幾つも連なっているのがコテージ・左にひときわ大きくドッシリした屋根が見えるのがサミット会場の万国津梁館。
(拡大出来ます)
9p7t2878_2

« 沖縄の旅 本部半島編 | トップページ | 再び世界遺産 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の旅 完結編:

« 沖縄の旅 本部半島編 | トップページ | 再び世界遺産 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。