« 花見三昧 清春芸術村 | トップページ | 花見三昧 谷戸城跡 »

2010/04/23

花見三昧 大イトザクラ

9p7t9254
【大イトザクラ】
今回の花見の目的は樹齢400年の江戸ヒガンザクラ“神田の大イトザクラ”で花見をしようと思ったのです。
それではどうなったのか続きを読むをクリックして下さい。

それはあまりにも衝撃的な再会でした。
哀れで言葉が出ません。枝振りもすっかり変わり気の毒なほど小さく、太く大きな幹は折れ或いは朽ち果てて辛うじて立たされている感じで僕を迎えてくれたのです。
しばらくは写真を撮る気にも成らずただ呆然と眺めるのみでした。
9p7t9233
気を取り直して取った写真がこれです。
水仙のお花畑の先に二方を暴風ネットで囲まれています。その先には甲斐駒ヶ岳。摩利支天も見えて居ますので思わず手を合わせて拝んでしまいました「どうぞこの樹を助けてやって下さい」と。
※拡大出来ます
9p7t9236
近づいて取った写真です。※拡大出来ます
Img_0009
近くに大イトザクラの子供を育てておりました。
Img_9910
甲斐駒から左に眼を転ずれば日本で二番目に高い北岳が見えます。
9p7t9263
反対側から見ると桜の先には雄大な八ヶ岳が見えます。
実は熱い紅茶を作りクッキーでも食べながらノンビリと過ごすつもりでしたが少し切り上げて次の目的地に向かいました。

末尾の写真は2002年4月6日に撮った写真です。甲斐駒ヶ岳に負けず劣らず威風堂々とした大イトザクラの曾ての雄姿です。※拡大出来ます
1363603_img
続く

« 花見三昧 清春芸術村 | トップページ | 花見三昧 谷戸城跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726171

この記事へのトラックバック一覧です: 花見三昧 大イトザクラ:

« 花見三昧 清春芸術村 | トップページ | 花見三昧 谷戸城跡 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ