« 伊東若冲 | トップページ | 飛翔 »

2010/05/20

突先山〜大山

【突先山】
高校時代此所に登ろうとバスを下り登山口を探しましたがどうしても見つからず諦めて帰った因縁の山です。
いつものワンダーホーゲル静岡東支部行事ではなく本部行事に参加です。
P5080007
美和大谷線終点奥長島駅で下車。参加者17名は準備運動後出発。
それでは続きをクリックして下さい。

P5080008
右には別荘らしい建物がある道をしばらく歩くと林道は二股に分かれ
P5080011
更にその先登山道は山腹コースと沢コースに分かれる。実はこの写真の直ぐ手前に10台ほど置ける駐車場があった。
歩いた沢コースは数本の沢を横切りながら進むのですが倒木の枝に道を塞がれた所がありノコギリで切り開き、他の登山者が歩きやすいようにして進みました。
P5080012
やがて三条の滝。木々の間からチラチラ見えて居ますし水量も多く見応えがありそうです。せっかくなんだから見たかったな~。
陽の当たらない薄暗い道が続きます。
P5080014
「ティーロード」と言うらしいがそれらしい道ではないし相変わらず薄暗い道が続く。
P5080019
更に進んで釜石峠に到着。国土地理院の地図に峠の名前が載っていないのが不思議だ。
P5080022
やっと尾根道になり明るく吹く風も気持ちが良い。
今日は東支部のペースよりかなり早いペースで歩いている、それなのに「遅い」と言っている参加した役員が居る。馬鹿者!遅い人に合わせるのが鉄則だ!何時も安全登山と言っておきながらなんだその言いぐさは!役員の資格がない!!と腹の中で煮えくりかえるほど腹を立てて歩いて居る私です。
P5080023
突先山に到着。此所から富士山が見えるそうですが~ 今日は見えない、、、
小休止して直ぐ出発。
P5080025
小さなピークを二つほど越すと
P5080026
林道に出た。
P5080029
途中見渡す限りタラの芽だらけの場所があったのですが摘む間もなく【大山】に到着。
頂上はマイクロの中継アンテナがドンと構えていた。静岡市内が霞んで見える。
帰りのバスの時間のこともあり大休止は30分だそうだ。そそくさと食べてサア下山だ!
P5080031
矢沢への道はいきなりもの凄い急斜面だ。この道を登って来る人は大変だろう。途中4回も転んだ。やっと緩くなって写真が一枚取れた。
P5080035
林道に出た。毎度のことですが林道歩きはつまらない。
P5080036
この地区はお茶の栽培が盛んで綺麗な茶園も沢山有り茶摘みも行われていた。
P5080038
バスの時間を気にして休憩少なめ駆け足下山でしたが谷沢バス停には余裕で到着。
所属支部外の行事に初めて参加しましたが色々考える事や役員に反省してもらいたいことが多かった一日でした。(写真はコンデジ)

※標識は完備し時代が変わったことを実感する。高校時代迷って帰ったのはなんだったのだろうか?当時は「安倍川流域の山と谷」と言う本一冊と国土地理院の五万分の一地図だけが頼りだったことを思うと時代の変遷を感じる。

参考タイム 奥長島出発8:19 沢コース入り口8:58 三条の滝9:26 釜石峠10:05 突先山 10:45 大山11:35 出発12:05 林道出合い1:09 矢沢1:55

« 伊東若冲 | トップページ | 飛翔 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726144

この記事へのトラックバック一覧です: 突先山〜大山:

« 伊東若冲 | トップページ | 飛翔 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ