« 鳥 をお伴に湖畔を歩く | トップページ | 蓼科山 »

2010/07/26

見事な富士山と矢倉岳

Img_2335
【矢倉岳(ヤグラダケ)870m】に登った。
目の前の富士山が大迫力で迫り、しかも簡単に登れてしまう山が身近に有ることを初めて知った。
写真は山頂から見た富士山で形の良い雲とのコラボレーションに感動しつつ山頂でノンビリ過ごした。
※拡大出来ます
それでは続きを読むをクリックして下さい。

朝カナカナが鳴いて目をさました。時間を見ると4時18分。それからは寝られなくて風呂に入り7:30朝食会場に行く。美味くもないが不味くもない。
チェックアウト後一端御殿場迄走り足柄から足柄峠の先、万葉公園バス停横の小さな駐車場に車を止める。
Img_2271
万葉公園の入り口ですが矢倉岳の案内標識が無い。ウロウロして居ると路線バスが来たので運転手に聞いた。すると「この道を少し下った所に標識があるが俺は登った事が無いから知らない」とぶっきらぼうに言い切られた。乗って来るお客さんは登山者しか居ないだろう!馬鹿たれ!
此所を入ってゆけば良いんだと信念で歩き出す。
Img_2278
二百メートル程歩くと標識があった。公園入り口にも立てておきなよ!不親切な!
今日も頑張らなくて良いんだよ!と妻に言いながら歩く。
Img_2285
歩き始めてからほんの少しずつ下り続けている。昨日と打って変わり鳥の声はしない。極たまにウグイスが鳴くくらいだ。
そして手入れの行き届かない薄暗い雑木林や植林地を歩く。
Img_2287
二つ目の地蔵堂方面分岐まで来た。写真で解る通り薄暗く下草も生えて居ない。
数組の下山者とすれ違った。
Img_2296
山伏平迄来た。
此所からだんだん急な登りになり何時しか植林地帯を抜け出た。
Img_2299
すると突然右手に富士山が見えた。
此所から更に急な登りが200m程続く。しかし「頑張らなくて良いんです、今日も」
Img_2305
もう頂上、もう頂上とだまされること数回。カヤトに覆われた開放感のある明るい頂上に着いた。
Img_2317
写真左の高い山は金時山。ずっと先の右側に見えるのは愛鷹山と越前岳。
Img_2320
相模湾と小田原?かな?
Img_2329
広く大きな頂上には小さなお社がある。木製の展望台も有る。
Img_2338
右の金時山と左の明神ヶ岳(ブログ初回)写真中央に見える噴煙を上げた大涌谷と箱根の最高峰神山。偶然ですが富士山を含め今日見えて居る目の前の山全てを妻と登っている。
※拡大出来ます
今日は雲で隠れているが丹沢山塊も見えるはずだ。
広い頂上をしばらく独り占めしていたのですが徐々に人が増え さて下山するか~!
Img_2361
万葉公園近くまで下って来て振り返って見た矢倉岳です。
Img_2380
公園まで戻ってきました。行きも帰りも掛かる時間はほとんど同じでした。
バス停からは富士山も見えて居ます。

さて、山が終われば温泉です。御殿場温泉会館(3時間500円)でノンビリ過ごしました。今日は浴槽から富士山も丸見えです。
Img_2386
何時もなら三島で鰻ですが今日は御殿場の 名鉄菜館 に初めてですが入ってみる事にしました。
Img_2392
内部は広いです。コース料理を初め本格的中華が食べられることを知りました。スタッフも「成ります」や「よろしかったですか」なんてバカな日本語を使わないだけ気分よく食べられます。
101
温泉会館で間食をしてしまいましたのでお腹が空いていません。担々麺と五目入り焼きそばを食べました。
斯くして二日間の安上がり健康志向は良い旅日和で終了することが出来ました。

参考タイム 万葉公園10:10→地蔵堂分岐10:52→山伏平10:56→矢倉山11:18 出発12:10→山伏平12:25→万葉公園1:16 万歩計12,630歩

« 鳥 をお伴に湖畔を歩く | トップページ | 蓼科山 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726098

この記事へのトラックバック一覧です: 見事な富士山と矢倉岳:

« 鳥 をお伴に湖畔を歩く | トップページ | 蓼科山 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ