« 山の後は温泉と美味い蕎麦 | トップページ | 乗鞍岳 »

2010/08/27

野麦峠と乗鞍高原

8月21日バス「仲良し鶴亀号」に乗ったWV静岡東支部一行は一泊で高原と山を楽しもうという計画で出発しました。
Img_2513
到着したのは「野麦峠 標高1,672m」大きな駐車場とお助け小屋があり食事や宿泊も出来るそうです。
Img_2508
その一角に病気の妹を背負子に乗せ峠を歩く姿の石像が有りました。
飛騨の農家から峠を越え信州の製糸工場へ働きに行った女工哀史のダイジェストを改めて読み思わず泣けてしまいました。
それでは続きを読むをクリックして下さい。

鶴亀号を下りた17名の寿隊一行、今日は旧街道をチョットだけ歩いて往時を偲ぼうという魂胆だとリーダーから説明を受ける。
Img_2522
オット!いきなりこっち側に下りるの?反対じゃね~のか?半信半疑ついて行きましたがどうしても納得出来ずストップをかけて引き返し一端峠の見晴台まで登りました。
Img_2528
其処には観音様と東屋があり遠くまで見渡せました。
女工達が故郷飛騨の見納めと、或いは帰りに故郷が見えたと涙したかと思うとウルウルしてきます。

Img_2538
そうそう、正しくは此所から下りるの。しっかりしてよリーダー。
ほとんど原生林と思われる林の中に往時の道はしっかり付いていてあっと言う間にバスを待たせた地点まで下りました。

バスに乗り込んだ寿隊員、次ぎに向かうのは乗鞍高原です。
Img_2552
乗鞍観光センターにバスを止め高原の散策。
何所をどう歩くのか決まっていないらしく絵地図を見て適当に決めているようです。大丈夫かよ?そんな事で、、、いえね今日はリーダーでもサブリーダーでもありませんから余分な口は利きませんが、、、
Img_2556
取りあえず歩き出しました。舗装された道は疲れて嫌だと早速女性がブツブツ言い始めましたぁ、、、
Img_2559
綺麗な白樺の樹が沢山あります。此所で私は出しゃばり講義をしました「白樺とダケカンバの見分け方」
ハイ皆さんチャンと覚えましたね?
Img_2562
道は行く先々で二股に分かれ三股に別れ、アッチかな?いやこっちかな?と行ったり来たり、、、
Img_2567
日陰を歩きたいと言う女性の声を聞き流しながら戻ったり。リーダーに言ってよッて言われたって俺は今日役じゃね~から言えないよ~我慢して付いて来てよぉ、、、ヤレヤレ、、、
乗鞍岳は見えないけど良い天気で気持ちいいじゃないか!!ネ、ネ、、、
Img_2577
途中こんな松も有りました。
Img_2580
突然綺麗な池に出ました。【牛留池】です。雲が無ければ真正面に乗鞍が見えるはずが残念、、、でも鏡のように真っ平らな湖面に樹が写ってそれはそれは見事でした。
※拡大出来ます
Img_2594
こんな綺麗な木道や
Img_2598
白樺の点在する自然林の中も歩くんです。
Img_2604
【善五郎の滝】なども見て
Img_2614
寿隊女性陣もやっと笑顔になり手を振って喜んでくれました。
フッ(~ー~)

駐車場に戻ると「熊が出没して居るから注意」の案内放送をして居たそうで予定時間より遅れている我々に運転手が心配して居ましたす。
Img_2624
宿は「高原の宿みはらし」。合掌造りと蕎麦と温泉が売りだそうです。
P1000001
男女それぞれ大風呂があり
P1000002
渓流横には囲みも脱衣所も脱衣篭も無い完全露天の りすの湯 が有ります。
P1000004
こちらは かえでの湯 で露天ですが囲いと脱衣所が有ります。
りすの湯に入った女性も居たようですよ!
温泉は良かったです。白濁として硫黄の臭いがし酸が強くとても気に入りました。
そお言えばムトウハップを入れて誤魔化していた白骨温泉はその後どおなっているのでしょうか?
Img_2628
夕食前部屋から乗鞍が見えました。
Img_2639
肉は信州牛でしたが馬刺しが付いていました。他に天ぷらと宿の売り“ソバ”が出ましたがソバ屋をして居るのに不味いソバでした。

明日の天気を期待して早く寝よ寝よ
つづく

« 山の後は温泉と美味い蕎麦 | トップページ | 乗鞍岳 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726073

この記事へのトラックバック一覧です: 野麦峠と乗鞍高原:

« 山の後は温泉と美味い蕎麦 | トップページ | 乗鞍岳 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ