« 夕陽とゴジラ | トップページ | 翡翠 kingfisher »

2010/09/27

トックリバチその後

9p7t4537
トックリバチの巣が激しい雨の翌日落ちた。
気がついてから約二ヶ月、その後大きくも成らず原型のままコブシの木にくっついていた。
残骸を下から覗いても蜂の子も居ないし蜂の姿もない。

9p7t4541
地面に落ちていた残骸。
手で触ってみると模造紙くらいの厚みで弾力が有りチョットざらついている。
トックリバチは泥と口から出す粘液で巣を作るらしい。自分の手で触ってみて成るほどと納得した。
スズメバチの巣だと言って御注進して下さった人が何人か居たが何はともあれトックリバチだった事に安堵した。
実は2ndhouseにスズメバチが巣を作ってしまい恐ろしい思いをした事がある。
夜中になるのを待ち分厚いキルティングや着られるだけの衣服を着て、顔にバスタオルをグルグル巻き。頭にはヘルメット。手はスキー用の分厚い皮の手袋。(スキー衣装がそっくり備えてあった)
網で巣をスッポリ被せたまま棒でつついて穴を開け殺虫剤を一本丸ごと吹き付け続けた。
翌日は死に損なったスズメバチが数匹何時までも近くを飛び怖かった。巣は何段にも成り全ての段に蜂の子がいっぱい居た。夏休みの出来事で子供達も小さく、思い返しただけで恐ろしいし危険な事を良くやったものだ。
9p7t4549

« 夕陽とゴジラ | トップページ | 翡翠 kingfisher »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726059

この記事へのトラックバック一覧です: トックリバチその後:

« 夕陽とゴジラ | トップページ | 翡翠 kingfisher »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ