« 鎌倉へ | トップページ | ミルホードへ »

2010/10/28

霊山寺 梶原山

骨折の痛みも取れてきて、試しに少し歩いてみました。
Img_3155
家から車で10分ほどの所、霊山寺登り口がスタートです。

Img_3162
10分登ると「仁王の力石」が有ります。この石を踏むと疲れが取れ足が丈夫になると言われています。
Img_3165
直ぐ先には「仁王門」が有ります。この門は室町時代に造られ国指定の重要文化財です。
Img_3171

Img_3173
左右に人間の等身大よりやや大きい仁王様が厳めしく立っております。
Img_3183
霊山寺本堂です。ゆっくり登って来ましたが幸い足は大丈夫なようです。お茶を飲み一休み。
寺の右手には尾根に抜ける道が繋がっています。
Img_3195
尾根に出ると直ぐ右手に公園がありますが左にとって梶原山に向かいました。
Img_3201
お茶の花が咲いていました。
Img_3204
振り向けば竜爪山。今日も大勢登って居る事でしょう。
Img_3213
放置茶園が大きくなってトンネルに成ってしまいました。
Img_3219
「梶原山」からは富士山が見えて東屋とベンチが幾つも有ります。
平家方に属していた梶原景時は息子二人とこの地で切腹をした歴史有る場所です。
オムスビと味噌汁を飲みベンチでゴロッと横になり50分休憩しました。
足は少しの痛みは有りますが大丈夫。
Img_3228
尾根を戻り前方に一本松公園が見えてきました。
Img_3232
「一本公園 標高304.3m」にも東屋が有ります。
Img_3234
此所からは高速道路の先に清水区。そして羽衣伝説の三保の松原。更に駿河湾の先に伊豆半島も見えます。
一休みして一挙に登り口まで下りました。休憩時間を入れて1時間40分足慣らしと気持ちいい気分転換が出来ました。

※足の具合も無理をしなければ大丈夫な所まで回復し取りあえず一安心です。

« 鎌倉へ | トップページ | ミルホードへ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726046

この記事へのトラックバック一覧です: 霊山寺 梶原山:

« 鎌倉へ | トップページ | ミルホードへ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ