« ハーミテージホテルとフッカー渓谷 | トップページ | ニュージーランドのカワセミ »

2010/12/17

マウントクックと善き羊飼いの教会

Img_4830
朝、マウントクックの頂きは少しだけ出ていた。朝日に燃える頂上は見られなかった。
それでは続きをご覧下さい。

ハーミテージホテルの朝食は、海苔に納豆等なんでも揃っている。ホカホカのご飯に味噌汁をかけて猫マンマにしてしまった。急に食べたくなったんです。美味かった~!

バスに乗り込む前に昼ご飯を受け取り さあ出発!今日も良い天気だ!!
Img_4842
向かうのは セアリーターンズ 
往復3時間半と標識が出ている。それにしてもでかいザック背負って何入ってるの?
Img_4861
途中ケアポイント方面と別れると直ぐに急な登りが始まりました。
左に見えるピークはMtセフトン3,151m 右のピークはMtフットストゥール2,964m (ガイドの説明による)でこの雄大な景色を見ながらの登りは高山に来ているようで楽しい。
Img_4869_2
ケアポイント が眼下に見えます。土砂降りの雨の中を歩いた記憶が蘇る。
Img_4888_2
更に登れば手前のミューラー氷河とミューラー湖(氷河の上に落石が積もり石ころで真っ黒)。
氷河は前回来た時より100m程後退している。
さらに先にはフッカー湖とフッカー氷河(同じく石ころで真っ黒)が見えその先にはマウントクックだ。
※拡大出来ます
Img_4894
目を転ずればハーミテージホテルも見える。
Img_4906
急な登りが続くがガイドの説明が長くて止まっている時間の方が長~い!ホラッ ガイドの直ぐ横の人 質問するな!
Img_4929
セアリー湖だそうだ。小さな湖に僕の影が写って歩く所を添乗員に撮ってもらった。
Img_4956
(゚゚;)エエッ此所までぇ、ミューラーハットまで登るんじゃないの?道理でユックリ歩いていると思った。
こんな素晴らしい景色が堪能出来たのだから良いか!!やっぱり一寸物足りないよな、、、
Img_4967
此所でガイドはバーナーでお湯を沸かし暖かい飲み物を振る舞った。
Img_4981
マウントクックはド~ンと正面に見えていて、目を腫らしたダルマさんが怒っているようにも見える。
※拡大出来ます
Img_5001
全員ではないですが集合写真を1枚パチリ。
Img_5004
さて下山だ。それにしてもなんでそんなに大きいザックなの?
Img_5029
マウントクックの頂きに雲が乗っています。こうなると天気が悪くなるとガイドが言っています。良い時に来たな~全行程ピーカンだった!
Img_5047
あっと言う間にケアポイント方面分岐まで下りてきた。
Dogby004
フト見つけた標識。犬と自転車は駄目というのは良いな~ 
キャンプ場からバスでホテルに戻ると20分ほど短縮出来る。
これでマウントクックともお別れでクライストチャーチに向かう。
Img_5166
向かう途中プカキ湖では信じられないような景色が見られた。ミルキーブルーの湖面にMtクックとサザンアルプスが幻想的に写っている。添乗員が「此所を何度も通っていますがこんな景色を見たのは初めてです」と言っている。何所までも付いて居る我々です。
※拡大出来ます
Img_5185
テカポ湖に到着。満開のルピナスの先にテカポ湖と更にその先にサザンアルプス。
絵のようなとはこの事でしょうか。
※拡大出来ます
Img_5203
そして此所では、教会の窓から見る景色も大変有名なのです。
Img_5206
その教会とはこれ。
「善き羊飼いの教会」で、以上三点セットでポスターや公式ページで良く使われて居るあまりにも有名な観光ポイントなのです。
でも何かおかしくないですか?
そうです、教会の横にルピナスは有りません。
外来種のルピナスは、元のNZの姿に戻そうと盛んに駆除されているそうで、いずれ湖畔のルピナスも無くなってしまう事でしょう。日本人には馴染みの景色なのに勿体ない事です。
Matonn1
なんだかんだと言いながら到着したのは日本のオバちゃま達憧れの街クライストチャーチ。
ホテルは グランドチャンセラー。大聖堂の近くだと言っているので街の中心のホテルのようだ。
夕飯はこれが最後になる。ムール貝の前菜と、NZに来ているのに一度も食べなかったラムをリクエストした。柔らかな肉で美味かった。
すっかり打ち解けたルートバン組とミルフォード組。互いの話は尽きなかった。
Img_5239
数々の感動と興奮、想像を遙かに超えた豊かな大自然、出合いや絆等数々の余韻を残して旅は終わろうとしている。
部屋からは今回の旅を締めくくるに相応しい綺麗な夜景が広がって居た。
真夜中にチェックアウトしオークランド乗り換え。日本には定刻16時25分到着した。

« ハーミテージホテルとフッカー渓谷 | トップページ | ニュージーランドのカワセミ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726016

この記事へのトラックバック一覧です: マウントクックと善き羊飼いの教会:

« ハーミテージホテルとフッカー渓谷 | トップページ | ニュージーランドのカワセミ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ