« 北海道へ 札幌編 | トップページ | 翡翠とホバリング »

2011/01/27

北海道へ 小樽編

翌日、真冬の小樽も良かろうと定期観光バスを予約しておいた。
前日の確認では雪で中止もあり得ると言っていたのですが決行と成りホッとしてバスに乗り込む。9p7t9933
昨日とは打って変わった上天気。高速道路に入り早速見えてきた手稲山。

9p7t9942
そろそろ小樽に到着の頃見えてきたニシン御殿。今は高級旅館。
9p7t9960
ヤケに派手な観光バスですが北海道中央バスの冬の定期観光コース「小樽ベイストーリー」に乗りました。大人@5,800円で昼食代金も含まれます。多言語対応コースだそうでテープで中国語・韓国語・英語を流すそうですがバスガイドは日本語で観光案内します。予約する時大嫌いな中国人がドヤドヤ乗り込んできたらどうしよう!もしかするとケンカになっちゃうかも知れない!なんて思って居たのですが一人も乗ってこない。それどころか全員日本人の6名でした。しかしバスには中国人の為の中国人アシスタントが一人乗っていました。
9p7t9957
初めに下りたのは旧北海道銀行本店で、今はワインショップに成っていて見学・試飲・買い物をする様に仕組まれている。
9p7t9968
バス会社の小樽運河ターミナルにバスを駐めビル内の名物「ぱんじゅう」を一ツ食べてみた。パンの中身が餡で特にどうって事はなかった。
9p7t9980
-3度。寒さはナニも感じ無い。中国語・ロシア語が聞こえる。馬鹿デカイ声で話す中国語は耳障りだ!!!
9p7t9992
真冬の小樽でこの天気は恵まれすぎ。風もないから運河が鏡のようだ。
9p7t9998
裏側に回ってみた。
9p7t0007
形ち良く雪が積もりアクセントになる。
9p7t0014
雪庇となって飛び出た幾重もの影が青空とトンガリ帽子に良くマッチする。
9p7t0021
落雪注意と言われてもヘルメット被って歩くわけにはいかないもんな~
久しぶりに雪国ならではの景色を見させてもらった。
9p7t0028
散策時間もタップリ有り辺りをそぞろ歩いた。
9p7t0045
昼食はグランドパーク小樽。ベイサイトに有るとても大きなホテルでの和洋中のビュッフェスタイルだった。美味かった。ドライブインに連れて行かれての不味い食事を覚悟していたので気分良かった。
9p7t0047
食事会場の目の前はヨットハーバー。左手は裕次郎記念館方面に続く。自由時間もタップリ有りましたが食事をユックリ味わいました。
9p7t0058
次ぎに向かったのは田中酒造亀甲蔵で工場見学と試飲があった。此所でも中国人がドヤドヤと入ってきた。
9p7t0076
バスは北一ガラスに向かう。ガイドと運転手の会話「この道がこんなに雪が多いのは初めて見た」と。
9p7t0092
ガラスの街としても有名な小樽は小物を売る店が沢山有りますが北一ガラス三号館は観光のシンボルだそうだ。
彼方此方と見て歩くのも楽しい。突然先が見えないほど激しく雪が降ってきた。
9p7t0123
その後向かったのは何と天狗山スキー場。
何時しか雪は止んでいた。
9p7t0126
ロープウエー終点から陽が差した小樽の街が見え
9p7t0140
陽は西に傾き寒さが増した。
まさかスキーをしないでスキー場に来るとは思わなかった。
9p7t0169
夜はかに亭を予約した。すすきのの怪しげな店が軒を連ねる一廓に有るつぶれかかったような建物の二階だ。
店内は場末の飲屋と言った感じで悪い所を予約しちゃったと直感した。店は蟹のフルコースを盛んに勧めたが断った。
9p7t0175
お通しをつつきながらビールを飲んでいる内に頼んだ刺身の盛り合わせが出た。
9p7t0180
毛蟹の刺身を食べるのが主たる目的。しかし小さくて細いよこの足は!!
毛蟹を頼んだ時「これです」と言ってわざわざ店主が見せに来た毛蟹と明らかに違う。
インチキするな!!
9p7t0186
刺身の盛り合わせにホッキ貝も入ると言ったので「ホッキは焼いた方が美味いから焼いてくれ」と頼んで出て来たのがこれ。

そうこうしている内に毛蟹が茹でて出て来た。「ナンダ ビシャだよ。ミソが水になっちゃってるよ!当然甘くもない。苦いばかりだ。腹が立って撮るのも忘れた。
9p7t0191
妻は鮑のステーキが食べたいと言った。食べログで予約すると割引がある。
しかし、出て来たのは鮑?これはトコブシだろ~?

蟹が悪かったからと二品サービスしてくれましたがそんな事より蟹だ!!
おじやを頼みましたがこれは何とか食べられた。
一銭も値引きは無かった。カードより現金でと言っていたが強引にカードで払った。
9p7t0211
ラーメン横町は人影もまばらだ。
9p7t0227
すすきのは若者が大勢出ていた。若い女の子のミニスカ生足が昼と言わず夜も大勢居る。信じられない光景だ。成れると寒さも平気なのだろうか。


9p7t0247
サテ、日も変わり翌朝。
7時と同時に朝食を食べ空港に向かう。尾翼が茶色の機体が静岡行きのようだ。
9p7t0258
満席の乗客を乗せ定刻に飛び直ぐ右手に千歳空港が見えた。

そろそろ着陸態勢をとると思った頃眼下にセントレアが見えて居る。とんでも無く大回りをする事を知った。
9p7t0291
韓国か中国から来た飛行機が前にいて駿河湾沖上空を旋回し続けて居る。富士山が見える。
9p7t0300
最終着陸態勢に入り大井川が真下に見えこのままほぼ水平飛行をすると飛行場に着陸する。つまり静岡空港は海抜の高い所にあるのだ。
9p7t0315
着陸後撮った。乗ってきたANAの機体でこの機は休む事なく沖縄に飛ぶ。

かに亭で不味い蟹を食べさせられた以外全て満足な旅が出来た。
今回の最大の収穫は「蔵」。セントレアや羽田からだと構えて旅行をしなければ成らないが富士山静岡空港からは近くのスーパーに買い物に行くくらい気楽に行ける事が解った今回の旅でした。

« 北海道へ 札幌編 | トップページ | 翡翠とホバリング »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725997

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道へ 小樽編:

« 北海道へ 札幌編 | トップページ | 翡翠とホバリング »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ