« 越前蟹 | トップページ | 下田爪木崎ウォーク »

2011/01/13

石和温泉 かげつ

9p7t7154
年越しの話ですが同業者の忘年会で石和温泉の「銘石の宿 かげつ」に行きました。
プロが選んだ銘旅館なのだそうです。
ドッシリとした風格のある建物でしたが玄関を入って直ぐ感じたのは“たばこ臭い”その後は廊下を含め全てが臭いに悩まされ続けました。

P1000008
途中山梨県立美術館に寄りミレーの「落ち穂拾い」を観賞する。
同行者に初めて見る人が居ました。
内部は撮影禁止です。
9p7t7102
さて、宿は銘石が売りで巨大な庭石がいたる所に配置されていました。
料理は昔ながらの団体向けの内容で特記するほどの物ではありませんでした。
9p7t7143
翌朝庭園内別角度から撮った一枚です。
9p7t7179
居心地の悪い宿を早々と出て「甲斐善光寺」へ。
ドッシリと落ち着いていますが「ナニ?此所も初めて来たの?」
9p7t7213
次ぎに向かったのは「忍野八海」
(゚゚;)エエッ?此所でも初めて来たと言っている人が居る。零細企業のオヤジは昼も夜も日曜も無く働き続けてきたんだから仕方ないね。
9p7t7220
池の一ツに自分の影も含めた人の姿が綺麗に写り込んでいました。魚も見えて居ますよ!天気と太陽の位置でこのようになるんだろうと思います。
9p7t7243
夕食にはチョット早く時間つぶしに山中湖の「ホテルマウントフジ」でコーヒーブレイク。富士山が逆光線に浮かび上がり綺麗です。
しかし、ガラの悪いオヤジ共だけで来る所では有りません。場違いも甚だしい。で、此所は私以外は初めてだそうです。ユックリ景色を楽しんで次は知ったかぶって彼女とお出で下さい。
(クロスフイルターを使っていないのに見事に光線の出た写真が撮れました)

« 越前蟹 | トップページ | 下田爪木崎ウォーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52726007

この記事へのトラックバック一覧です: 石和温泉 かげつ:

« 越前蟹 | トップページ | 下田爪木崎ウォーク »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ