« クライストチャーチ | トップページ | ヤンヤ ヤンヤ »

2011/03/02

大仁 梅と桜

Img_5730
花&てくもぐウォークに参加した。

Img_5704
大きな声じゃ言えませんが狩野川記念公園に駐車して駅に向かいました。
同じ考えの人が何組か居ましたよ!
Img_5716
今回は大仁駅が起点だ。
9:30受付というのに時間前から大勢の人が並んで居る。
今回はご近所さんも同行し、受付を済ませ地図をもらって「大仁梅林と城山桜の花めぐりウォーク」9kmに3人で出発。
Img_5724
大仁神社です。
今が見頃の大仁梅林が小高い岡の上まで続いていた。
Img_5744
三福梅林です。
こちらの梅林は規模が小さい。
Img_5758
広瀬神社です。
この間次々と神社仏閣が有った。
ドンヨリと曇ったこの日歩いて汗が出ているのに寒い。
Img_5768
おもてなし会場の伊豆洋らんパーク(道の駅併設)に到着。
Img_5774
1人1個の温泉まんじゅうが配られた。市内6店舗の温泉まんじゅう詰め合わせ150箱限定450円も売られているが買わなかった。
参加者には洋らんパークや百笑いの湯割引券がもらえる。
一寸早いのですが風の来ない内部で昼ご飯にした。持って来たインスタント味噌汁を飲んでホッとした。
さて出発だ。
Img_5786
一寸歩くとすぐ堤防に到着。
この男「危険に付注意」・・・・
では有りません。ジョークです。ジョーク
Img_5792
狩野川の土手に見事な桜並木が彼方まで続いています。今まである事すら知りませんでした。早咲きの「城山桜」だそうです。残念ながら一寸早く二分咲きです。
Img_5830
桜と城山(ジョウヤマ)です。
Img_5873
歩いた桜並木と城山を振り返る。この山は有数のロッククライミングの練習場にも成って居て、山だけを目指すなら極めてお気楽なハイキングが出来る。登り口に駐車場もある。
Img_5899
ゴール。 寒い一日だった。
Img_5905
早すぎて公共の温泉が開かない。
唯一午後は1:00から開く「湯らっくすの湯(長岡北浴場)」300円時間制限無しに入った。小さいながらも畳の休憩室がある。此所は以前にも入っているのですがとにかく熱い!覚悟して入りましたがオヤ?今日はあまり熱くないぞ~。

参考タイム 大仁駅9:30→大仁梅林9:35→三福梅林9:41→広瀬神社10:26→洋らんパーク11:00(昼食)→狩野川堤防(城山桜)12:05→大仁駅12:40

« クライストチャーチ | トップページ | ヤンヤ ヤンヤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725975

この記事へのトラックバック一覧です: 大仁 梅と桜:

« クライストチャーチ | トップページ | ヤンヤ ヤンヤ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ