« 椿の花咲く小室山 | トップページ | おどろおどろしい とはこの事か »

2011/03/14

温泉と鮪料理屋

 歩いた後は♨です。
実は車を伊豆高原駅前駐車場に駐めてありますので伊東駅から電車で五駅戻りました。
♨の後で食事が良いのですがお昼時間を大幅に過ぎていますので今日は腹ごしらえが先です。
前々から行って見たいと思っていた「鮪屋」に行きます。
Img_6187
伊豆高原駅から歩いて5分の所に有り、この界隈は城ヶ崎を歩く人や各種会館巡り、桜の季節には桜トンネルを歩く人で何時も賑やかです。

Img_6175
入って直ぐこの奥が座敷とカウンターがありました。
旨い鮪料理が食べられるだろうと期待でいっぱいです。
ところが、期待したような類の料理は無いのです。例えばカブトだとかカマ焼き等専門店だから食べられるはずの料理がないのです。
Img_6180
スッタモンダしたあげく妻の頼んだ
鮪ねぎ間陶板焼定食。
Img_6184
僕の頼んだ鮪屋定食。
不味くは有りませんが美味くもありません。定食や海鮮丼で良いという若者にはこれでも良いでしょうが我々の歳向きでは有りません。金目鯛その他の品もありますが“鮪屋”の看板は下ろしてもらいたいと思った次第です。昼時は何時も列が外まで繋がっている店なのにガッカリです。

食事で大失敗の後は温泉だ!
伊東から修善寺に抜ける街道の途中に「小川温泉共同浴場」が有ります。
午後は2時30分から開きます。
狩野川の支流の横に建っていて入浴料200円時間制限有りません。
Img_6196 見ての通り赤い屋根の小さな建家で、まるでつぶれかかった銭湯のようですが一日中温泉に入って遊ぶ訳ではないのですからこれで充分。
地元の人達と温泉談義や町自慢の話をしながらの温泉も楽しいものです。
伊豆半島はこの手の温泉が沢山有ってイイナ~

今日のブログで600回に成りました。
読者の皆様本当に有難う御座いますm(._.)m

« 椿の花咲く小室山 | トップページ | おどろおどろしい とはこの事か »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725971

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉と鮪料理屋:

« 椿の花咲く小室山 | トップページ | おどろおどろしい とはこの事か »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ