« 満開の櫻と・・・ | トップページ | 旅日和・食べ日和・悠湯日和 »

2011/04/20

咲いてくれたコブシ

9p7t5047
 一寸前の話ですが昨年は一輪も咲かなかった「コブシ」が今年は少ないですが咲きました。樹を大きくしたくないので毎年切り詰めているのが原因なのかも知れません。
何はともあれ咲いてくれた事が嬉しいです。撮影日4月5日

P4110039
翁草がすっかり綿毛になりキラキラと光る様はとても綺麗です。
Img_6389
上から見た所で綿毛は直径は5~6cm有ります。

さて、福島の原発危険度がレベル7に成った。
爆発を起こした時7迄上がるのは素人でも想定出来ました。
「想定」の語彙で東電と原子力安全・保安院の言いぐさが不愉快で成らない。何かにつけて「想定外です」「想定外でした」を連発した。
オイッ一寸待てよその言い方「原発は全ての事を“想定して”絶対に安全に出来ております」だったよな!「想定外」等と口が裂けても言えない事だ。

ここに来て復興費用に当てる為、電気代の値上げが言われ始めた。非常時だから仕方ない事だがその前にやる事があるだろう!電気関係先への天下りは一切排除。このハイエナどもの人件費はバカにならない。次に東電役員の報酬を返上か八割カット。そして零細企業で働いている一般国民から見てあまりにも高額な給料を取っている東電社員の給料半額・・・イヤ三分の一でも零細企業従業員より高額だ。先ずはこれらを直ちにやってから値上げの話には乗ろう。

更に、消費税その他の税金を上げる話も出て来た。それも非常時で仕方ない事。しかしその前に国会議員の定数を半分にしろ!同時に歳費も半額にしろ!
「我々議員は斯くの如くさせて頂きました、つきましては国民の皆様増税を認めて下さい」と。

« 満開の櫻と・・・ | トップページ | 旅日和・食べ日和・悠湯日和 »

つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725951

この記事へのトラックバック一覧です: 咲いてくれたコブシ:

« 満開の櫻と・・・ | トップページ | 旅日和・食べ日和・悠湯日和 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ