« ♪夏も近づく八十八夜♪ | トップページ | 幻想の世界 日向山へ »

2011/05/06

ドウダンツツジと千葉山

Img_6635
4月29日、千葉山ハイキングコースの途中に八千本以上と言われているドウダンツツジの群生地があり花が満開に成って居るはずでWVの有志を誘って登ってみた。

Img_6588
毎度出てくる島田の伊太和里の湯西側田代から「伊太丁仏参道」が最短距離で登る事が出来るとのこと。
Img_6591
雑木林に囲まれた尾根路は風も吹き抜け広くフカフカして気持ち良く歩きやすい。
Img_6594
一丁ごとに番号が彫られた石仏が置かれ登山者の道案内をしてくれる。時々出てくる放置竹林横から筍がニョキニョキと生えている。
Img_6603
パット開けて赤松の生える平らな尾根に出た。どうやら「どうだん原」の端に到着したようだ。
Img_6620
どうだん原の中心にはベンチが有った。
Img_6619
360°見渡す限りドウダンツツジに囲まれ、ズズ欄のような小さな花がこぼれんばかりに鈴なりに成って居る。
Img_6626
一角から粟ヶ岳が見えた。
一休みして更に進むと
Img_6652
ペンションどうだんに出る。実は此所には車で来る事が出来大きな駐車場もあった。
Img_6658
ペンションを背に吊り橋を渡ると東屋が有り島田・金谷方面が綺麗に見渡せる。
此所からの尾根路は薄暗く更に進むと智満寺・奥の院分岐が有った。
Img_6683
突然大きな杉の木が現れる。常胤杉(つねたねすぎ)だ。中が空洞に成って居て良く立っていられると不思議に思う。
Img_6704
続いて雷杉。途轍もなく太くて大きい。眼通りの太さ85mだそうだが本当だろうか?
今回初めて知った「眼通り」とは地上1.2mで測った幹の周長だそうだ。
Img_6713
奥の院に到着。天台宗の信徒である僕が代表してお賽銭をあげ全員で合掌。
Img_6731
目の前に大杉が現れた。眼通り95m高さ40m有るそうだ。
Img_6737
実は智満寺の十本スギとして大変有名でその名が国土地理院の地図にも載っているのだ。今日は全部を見なかったのですが何れ見て回ろうと思う。
Img_6743
杉林に囲まれた小さな山頂があった。
階段を一挙に下ると智満寺(天台宗)が有る。
Img_6791
寺の本堂は立派な茅葺き屋根なのだそうですが茅の葺き替え工事中でその姿を見る事が出来なかった。ウ~ン残念。
Img_6785
山門も立派で重要建造物に成って居るらしい。

智満寺駐車場脇からペンションに戻りノンビリと昼食。眼下には見渡す限り茶畑が広がり、静岡空港に着陸する飛行機も見えた。
Img_6818
どうだん原に戻る。紅葉の時は山が真っ赤に萌えるという。改めて来てみよう。
Img_6834
登り口の石仏一番に到着。有難う御座いました。
P1000001
〆は伊太和里の湯。プフ~ッいいゆだ~

参考タイム
出発8:47→どうだん原9:26→ペンション9:52→奥の院分岐10:10→常胤杉10:28→奥の院10:32→千葉山10:35→智満寺10:54→ペンション11:27大休止50分→どうだん原12:34→登山口13:01

« ♪夏も近づく八十八夜♪ | トップページ | 幻想の世界 日向山へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725939

この記事へのトラックバック一覧です: ドウダンツツジと千葉山:

« ♪夏も近づく八十八夜♪ | トップページ | 幻想の世界 日向山へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ