« ドウダンツツジと千葉山 | トップページ | 蝶々深山 »

2011/05/09

幻想の世界 日向山へ

Img_6973
 ゴールデンウイークの真っ最中5月2日、5年ぶりに日向山に向かった。
自宅5時出発と言ったら エ?そんなに早く と言われてしまい6時に出発。須玉ICから国道20号線を快調に飛ばし道の駅白州まで一挙に来た。
それでは続きを読むをクリックして中にお入り下さい。

Img_6838
名水で有名な 道の駅はくしゅう の先に甲斐駒がボンヤリ見えて居る。
Img_6841
早く出発したかった理由は駐車場の事が心配だからだ。8時25分に到着し幸いまだ余裕が有って駐められた。右に見えるのが自分の車。
身支度を調え準備運動をしてサア出発だ。
Img_6846
矢立石からの往復ルートで典型的な初心者コースだ。ナニ?ツキノワグマ?今日は大勢入るから大丈夫でしょう。
歩き出すと直ぐ大きな栗のイガが沢山落ちている林の中を歩くのは以前と同じ状況だ。
Img_6853
明るく陽が差す広く柔らかな登山道は歩きやすいが此所を露払いで登ると必ず蛇に会うから嫌いだと書いてあるホームページの事を思いだしながら登った。
Img_6862
ブナだ。此所まで来れば可成り登ったはずだ。
Img_6869
一本調子で登りの続く道がほんの少し下ると雨量観測機が置かれた場所に到着する。登りながら妻との会話「この直ぐ先が頂上だから」「あ~嬉しい」「頂上は三角点にタッチしたら直ぐその先に進むから」「ナニ!まだ先に行くの!」と突然ブゼンとした。「まあイイカライイカラ付いておいで
Img_6874
右に取ると頂上だよ。
Img_6883
ハイ三角点です。日向山1,659.6m山頂は狭く木に囲まれて景色は何も見えない。
Img_6892
オヤ?変な木が有ります。そして、その先が・・・・
Img_6958
ガンガワラ と呼ばれている花崗岩が風化して白い砂地になりまるでビーチです。
日向山登山は此所がクライマックス。不満そうに歩いた妻も満足そうにニコニコしています。
黄砂がひどくスッキリしませんが甲斐駒も目の前に見えます。
※拡大出来ます
Img_6904
見下ろせばこんな景色も。滑って転落したら戻って来られないでは済まないです。
Img_6913
恐る恐る歩いて少し下がった所から八ヶ岳を・・・黄砂でボ~ッとして見えません。
実は風化が激しく年々凸凹のオブジェが小さくなって居ます。
5年前の写真と見比べると解ります。
Img_7390
ぼぼ同じ場所からの写真ですがこちらは荒々しいですね。早く登らないと荒々しいガンガワラは見られなくなりそうです。
一寸早いですが昼ご飯にします。景色を楽しみ、山ガール達のハツラツとした姿を楽しみ満足でした。
Img_6983
先に出た写真の樹皮が取れた木は頂上近くに沢山有ります。鹿が食べてしまうのでしょう。高山植物も鹿に食べられてしまい大変困った事です。少しばかり駆除してもとても追いつかないのが現状です。
Img_6991
下りは脱兎の如くWストックで下りました。あっと言う間に半分です。まだまだ多くの登山者が登ってきました。
Img_7000
ミツバツツジが咲いていた。
Img_7003
登り口の矢立石に到着。
大変でもなく楽すぎず妻にとっては良い登山だったと思います。
Img_7005
山行事で泊まるのは相変わらず安宿。白樺湖ホテルパイプのけむり です。
Img_7012
安宿の時は徹底的に安くがしきたりで山側の部屋しか取らないのですが2日は平日で湖畔側も同料金。
で、部屋の窓から見た蓼科山ですが黄砂は更にひどくなりスッキリしません。
昼寝や湖畔の散策でノンビリ、、、、
※湖畔ビューの欠点。夜中に通る車の騒音が五月蠅く安眠出来ない。

続く

参考タイム
矢立石8:38→ブナ9:34→観測機10:10→日向山10:14→ガンガワラ10:19→下山開始11:30→5/10中間点11:56→駐車場12:34

« ドウダンツツジと千葉山 | トップページ | 蝶々深山 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725937

この記事へのトラックバック一覧です: 幻想の世界 日向山へ:

« ドウダンツツジと千葉山 | トップページ | 蝶々深山 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ