« 幻想の世界 日向山へ | トップページ | ♪ルンバ♪ »

2011/05/12

蝶々深山

Img_7040

 翌3日、蓼科山の肩から陽が昇るが何故か赤くならない。黄砂の影響だろうか?
一番で朝食を食べチェックアウトし車山肩の駐車場に向かう。
それでは続きを読むをクリックして下さい。

Img_7061

コロボックルヒュッテ横から今日は蝶々深山に登り八島湿原からヒュッテ迄の周遊コースを巡る。

Img_7071

オットいきなり残雪。正面に蓼科山が見えますがぼやけてます。

Img_7088

右には車山です。残雪が多いです。至近距離から見ていますがボ~ッとしています。何なんだこの空模様は、、、
整備された木道を左に車山湿原を見ながら肌寒いのを我慢して歩くと

Img_7090

車山乗越から来た道にぶつかり今日は此所を左に取る。

Img_7103

すると蝶々深山が正面に見えます。登りになれば暑くなるだろうと我慢して歩きました。

Img_7117

沢渡方面分岐です。体力の無い人や観光で来た人は此所から下りれば最短距離で振出地に行けます。高台の林がヒュッテの有る今日のスタート地点です。

Img_7120

蝶々深山1,836m山頂に到着。雲でなく黄砂に覆い尽くされているらしく何所もかも霞んでいて期待した景色が見られません。
そして寒い寒い。防寒着を着てヤット暖かくなりました。

Img_7123

頂上からはコロボックルヒュッテ(林の中の黒い建物)が至近距離なのに霞んで見えています。ニッコウキスゲの季節なら360°キスゲに囲まれた絶好ポイントですが訪れるハイカーも少なく静かな山頂が楽しめました。

Img_7144

前方に特異な岩が見えてきました。物見岩1,792mです。一本立てて直ぐ出発。此所からは緩い下りが続きます。この辺りはヤナギランの季節には沢山見られるはずだが今は雪解け間もない寒々とした景色が広がるだけ。

Img_7153

前方には平らに見える八島湿原が見えます。
先ずは格好から入ったと思われるバリバリギンギンの山ガールが追い越して行きました。
初心者にもってこいの此所を歩き、次は水芭蕉の尾瀬を歩けばもうすっかりベテラン気取りに成っちゃうんだろうな~なんて会話をしながら我が家は山ジイ山バアのヨタヨタハイキングだ。

Img_7166

奥霧の小屋に到着。今日は湿原を遠回りに左周りします。一周するハイカーと観光客が次々押し寄せます。

Img_7180

ふり返れば湿原の中に有る鎌ヶ池の先にコロボックル・蝶々深山・物見岩と歩いてきたコースが見えます。湿原は1万年もの歳月を掛けて形成されたと説明がある。

Img_7207

沢渡に到着。キスゲのシーズンは人でごった返していますが今日は誰も居ない。
此所から今日最後の登りが続く。

Img_7217

登り切ると今日歩いたコースがグルッと見渡せる場所に出る。目の前にコロブックルヒュッテ、車山、蓼科山と見えて居るが晴れた日なのに太陽が降り注がなく全て霞んだ変な天気だ。

Img_7232

ヒュッテで昼食にした。

Img_7240

ボルシチとコーヒーを注文しオープンテラスで なんちゃってスイス 風景を楽しんだ。
しかし、なんでボルシチなんだ、、、と素朴な疑問が残った、、、

時間もタップリ有る、その後買い物と温泉、夕食を楽しんだ満足な二日間でした。

参考タイム
車山肩8:10→乗越・蝶々深山分岐8:38→蝶々深山8:50→物見岩9:21→八島湿原出合い9:57→沢渡11:03コロブックルヒュッテ11:34

« 幻想の世界 日向山へ | トップページ | ♪ルンバ♪ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725931

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶々深山:

« 幻想の世界 日向山へ | トップページ | ♪ルンバ♪ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ